グロスチャージ契約

グロスチャージ契約」とは、株式会社MPDが導入する書籍の仕入れに関する施策。
書店が商品を実際に販売すれば、その販売額の一定割合を出版社が「インセンティブ(報奨金)」として書店に支払う。

反対に書店から返品が発生した場合、返品額の一定割合を「ペナルティー」として書店が出版社に支払う。

この施策により、書店は本をした分だけ報奨金を得ることができ、取次返品率を下げることができる。そして出版社は報奨金の負担はあるものの、それ以上に本の売り上げを伸ばすことができる。

このように、それぞれにメリットのある施策ではあるが、書店は返品を抑制しようとするあまり在庫を余分に抱えてしまうという一面もある。