ビジネス書大賞

ビジネス書大賞」とは、その年に発売されたビジネス書に与えられる賞のこと。
株式会社オトバンクと株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワンの共催でおこなわれます。

「ビジネス書のプレゼンスをさらに大きなものとすることで、出版業界の活性化に貢献するとともに、日本のビジネスパーソンの成長、ひいては日本の産業界の発展に貢献する」(ビジネス書大賞HPより)をコンセプトに2009年10月に創設されました。

選考のプロセスは以下のとおりです。

●審査員
ビジネス書に造詣の深い書店員様、書評家様、メディア関係者

●対象作品
2013 年 1 月から 2013 年 12 月刊行のビジネス書
(新書、文庫は書き下ろし作品のみ対象としました。小説などフィクション作品は対象外、ただし物語形式のビジネス書は対象に含みます。その他は審査員様各自のご判断で投票いただきました。なお自社書籍への投票はできません)

●選考方法
(1)対象のビジネス書から、3 冊を選び理由とともに投票いただく
(2)集計の上、上位 10 作品をノミネート作に選定する
(3)ノミネート作 10 作品よりベスト 3 を決選投票いただく
(4)集計の上(1 位 = 3 点、2 位 = 2 点、3 位 = 1 点)順位を決定。最終審査会にて各賞を決定する
(ビジネス書大賞HPより引用)

ノミネートおよび大賞に選ばれた作品は、書店の店頭で大きく展開されるケースが目立ちます。
ビジネス書大賞のホームページには「書店様用販促物」として、A3パネルやPOPが用意され、店頭での仕掛けに使われています。

ビジネス書大賞販促物

ビジネス書大賞向け販促物の一例(ビジネス書大賞HPより)

ビジネス書大賞で選ばれた作品は取次年間ベストセラーにもランクインしていることが多く、本屋大賞が持つ、いわゆる「掘り起こし」要素はあまり見られません。

関連リンク:ビジネス書大賞