ポプラ社

ポプラ社」とは、日本の出版社。
創業は1947年。偕成社で編集長を務めていた久保田忠夫、営業担当を務めていた田中治夫らによって創業された。

創業以来、山中峯太郎、南洋一郎、江戸川乱歩などの探偵シリーズや全集、ポプラ社文庫をはじめとする児童向けの本をメインに扱ってきた。
近年では児童書以外にも成人向けの書籍を刊行し、ジャンルを広げている。

児童向け漫画雑誌である『月刊コミックブンブン』(旧:プレコミックブンブン)を創刊するにあたり、編集の人員を目的として2003年にマッグガーデンと共同出資をして、株式会社ビープラス(編集プロダクション)を創設した(2005年に合弁を解消し、会社清算)。

また、2005年には日本初の心理雑誌『月刊psiko(プシコ)』を創刊。
2006年には玩具メーカーのタカラ(現・タカラトミー)の系列出版社ジャイブを買収し、子会社化。
2008年には大人向けの文庫シリーズ「ポプラ文庫」を新しく刊行した。

ポプラ社主催の文学賞にポプラ社小説大賞を2005年より開始した。

【主な刊行物】

  • ・ポプラディア
  • ・ポプラ文庫
  • ・ポプラポケット文庫
  • ・asta
  • ・ピアニッシモ

本社所在地:東京都新宿区大京町22-1 HAKUYOHビル
公式サイト:ポプラ社