ヨハネス・グーテンベルク

ヨハネス・グーテンベルク」とは、ドイツの金属加工職人であり、活版印刷技術を考案した人物。
1938年ー1468年。
敬虔なクリスチャンであり、聖書(『グーテンベルク聖書』)を普及するために活版印刷を考案したとされている。