中村文則

中村文則(なかむらふみのり)」とは、日本の小説家。
1977年9月2日生まれ。愛知県東海市出身。福島大学行政社会学部社会学科卒業。

影響を受けた作家はカミュ、カフカ、ドストエフスキーなどである。
2002年に『銃』で第34回新潮新人賞を受賞しデビューした。その後、2004年に『遮光』で第26回野間文芸新人賞を受賞。
2005年に『土の中の子供』で第133回芥川龍之介賞
2010年に『掏摸』で第4回大江健三郎賞を受賞。同作の英訳 『The Thief』は、ウォール・ストリート・ジャーナル紙で、2012年のベスト10小説に選ばれ、2013年のロサンゼルス・タイムズ・ブック・プライズにもノミネートされた。
『悪と仮面のルール』の英訳(EVIL AND THE MASK)はウォール・ストリート・ジャーナル紙の2013年のベストミステリーの10作品に選ばれる。
2013年に刊行した『去年の冬、きみと別れ』(幻冬舎)が本屋大賞にノミネートされたが、結果は10位で落選した。
2014年、ノワール小説への貢献で、アメリカでデイビッド・グーディス賞を受賞した。

公式サイト:小説家 中村文則公式サイト