伊坂幸太郎

伊坂幸太郎(いさかこうたろう)」は、日本の作家・小説家。
1971年5月25日生まれ。千葉県松戸市出身。

高校卒業後、東北大学法学部に進学。
大学卒業後はシステムエンジニアとして働きながら、文学賞に応募。
2000年に『オーデュボンの祈り』で新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビューを果たします。
2008年には『ゴールデンスランバー』で本屋大賞を受賞。

【代表作】

  • 『重力ピエロ』新潮社(2003年)
  • 『死神の精度』文藝春秋(2008年)
  • 『ゴールデンスランバー』新潮社(2007年)