写本

写本(しゃほん)」とは、手書きで複写された本や文書のこと。
活版印刷が普及する以前、本は手書きで制作されていた。
日本最古の写本は『法華義疏』と言われている。