北方謙三

北方 謙三(きたかたけんぞう)」とは、日本の小説家。1947年10月26日、佐賀県唐津市に生まれる。
中央大学法学部法律学科卒業。
同大学在学中の1970年に純文学作品『明るい街へ』を発表。同作が雑誌「新潮」(1970年3月号)に掲載され、学生作家としてデビューを果たす。

その後、『逃がれの街』、『眠りなき夜』、『さらば、荒野』、『檻』などハードボイルド小説を次々とヒットさせる。
愛車はマセラッティ。

2000年より直木三十五賞の選考委員を務める。現在の直木賞の選考委員では唯一の未受賞作家である。
ほかに吉川英治文学賞、江戸川乱歩賞、小説すばる新人賞の選考委員もつとめている。