夏目漱石

夏目漱石(なつめそうせき)」とは、日本の小説家、英語学者。
1867年2月9日生まれ。出身地は武蔵国江戸牛込馬場下横町。
最終学歴は帝国大学英文学科。

本名は夏目金之助というが、生まれた日が庚申[こうしん]の日(この日に生まれると人の心が冷酷になるとされた)だったので、厄除けの意味を込めて「金」という文字が使われた。

1889年には夏目漱石に大きな影響を与えることになる正岡子規に出会う。
正岡子規が書いた文集の回覧に、漱石が漢文で批評を書いたことをキッカケにして交友が始まった。

1893年に帝国大学を卒業後、高等師範学校の英語教師となる。
その後、1900年に当時の文部省から英語研究を目的とする、イギリス留学を命じられる。

イギリス留学から帰国後、1907年に全ての教職を辞め、朝日新聞社に入社する。
同年6月には朝日新聞に「虞美人草」の連載を開始した。

以前から精神衰弱やヒステリーなどがたびたび見受けられたが、このころから胃腸の病気に苦しめられるようになる。

1915年に京都旅行中に5度目の胃潰瘍で倒れ、翌年1916年の12月9日、胃潰瘍からの大量出血により死去。
享年は49歳。

遺体は東京帝国大学の医学部で解剖され、摘出された脳と胃は寄贈された。
脳に関しては、現在も東京大学の医学部にエタノール漬けにされたものが保管されている。

    【夏目漱石の主な作品】

  • ・吾輩は猫である(処女作、1905年)
  • ・坊っちゃん(1906年)
  • ・草枕(1906年)
  • ・虞美人草(1907年)
  • ・三四郎(1908年)
  • ・それから(1909年)
  • ・門(1910年)
  • ・こころ(1914年)
  • ・道草(1915年)
  • ・明暗(1916年)