小林秀雄

小林秀雄」とは、日本の作家、文芸評論家。1902年4月11日〜1983年3月1日。
東京都千代田区猿楽町に生を受ける。
日本近代における文芸評論を確立した人物とされ、多くの作家に評価された。
1933年には宇野浩二、武田麟太郎、林房雄、川端康成らと文化公論社『文學界』を創刊。

【著作一覧】
・『様々なる意匠』
・『Xへの手紙』
・『志賀直哉』
・『私小説論』
・『ドストエフスキイの生活』
・『無常といふ事』
・『私の人生観』
・『モオツァルト』
・『ゴッホの手紙』読売文学賞受賞
・『近代絵画』野間文芸賞受賞
・『考へるヒント』
・『真贋』
・『感想』(未完のベルクソン論)
・『本居宣長』日本文学大賞受賞。