川端康成

川端康成」とは、日本の小説家。1899年6月14日〜1972年4月16日。
大阪府大阪市北区此花町出身。東京帝国大学文学部国文学科卒業。
1968年には日本人として初めてノーベル文学賞を受賞した。
1973年に財団法人川端康成記念会によって川端康成文学賞が設けられる。
1985年には、茨木市立川端康成文学館が開館。茨木市名誉市民にもなっている。
神奈川県逗子市のマンション「逗子マリーナ」の仕事部屋にて死去。死因については自殺・事故死など諸説あるが、ガス自殺の可能性が高いとされている。

【代表作と受賞歴】
1937年『雪国』文芸懇話会賞
1944年『故園』『夕日』菊池寛賞
1952年『千羽鶴』芸術院賞
1954年『山の音』第7回野間文芸賞
1958年 第6回菊池寛賞
1962年『眠れる美女』で第16回毎日出版文化賞
1968年 ノーベル文学賞