有川浩

有川浩(ありかわひろ)」は小説家、ライトノベル作家。
1972年6月9日、高知県高知市に生まれる。
出身大学は関西学院大学と言われているが、正確な情報はない。




有川浩の主な作品と文学賞受賞歴

  • ・2003年『塩の街 wish on my precious』電撃ゲーム小説大賞
  • ・2008年『図書館戦争シリーズ』星雲賞日本長編作品部門
  • ・2010年『植物図鑑』本屋大賞第5位、ブクログ大賞小説部門大賞
  • ・2011年『キケン』本屋大賞第9位、ブクログ大賞小説部門大賞
  • ・2011年『ストーリー・セラー』本屋大賞第10位
  • ・2011年『県庁おもてなし課』雑誌ダ・ヴィンチBOOK OF THE YEAR2011総合1位・恋愛小説1位
  • ・2012年『空飛ぶ広報室』雑誌ダ・ヴィンチBOOK OF THE YEAR2012小説1位
  • ・2012年『三匹のおっさん』雑誌ダ・ヴィンチBOOK OF THE YEAR2012小説2位

有川浩ひとくちメモ

  • ・ライトノベル作家としてデビューしたが、その後は一般文芸作家としても活動範囲を広げている
  • ・「浩」という名前から「ひろし」と読まれ、男性と勘違いされることが多い
  • ・2006年発表の「図書館シリーズ」は20代女性に読まれる傾向があったが、近年は40代にもファンを広げ売り上げを伸ばしている
  • ・有川浩が人気を呼んだ理由として、そのテーマ性の広がりがあったと言われている。『阪急電車』では映画化も手伝って40代男女の心をガッチリ掴んだ。そして『三匹のおっさん』では50代男性のファンまでをも開拓している

関連リンク:「本屋大賞」を熱く語りたいなら知っておくべき5つのこと

【参考】図書館戦争、空飛ぶ広報室…作家・有川浩がモテる理由