本屋大賞

本屋大賞」とは、NPO法人本屋大賞実行委員会が主催する文学賞のこと。
2004年に設立。「新刊を扱う書店の書店員」が自分のオススメしたい本に投票することによって受賞作が決定される。
対象作品は過去1年間に刊行された日本の小説である。

この賞は「全国書店員が選んだいちばん! 売りたい本」をキャッチコピーとして掲げている。
本屋で本と読者を一番よく知るのは書店員だという考えから、従来の文学賞のように編集や選考委員の根回しなどなしに書店員が選ぶというのが特徴の文学賞である。

1次投票で1人3作品を選び投票を行なった後、選出された上位10作品のうちから2次投票をおこない決定する。
1次投票には制約はないが、2次投票はノミネートされた10作品を全て読んだ上で推薦理由を記載し投票しなければならない。2次投票は、3作品に順位をつけて投票し、順位に応じた点数をつけて集計される。各順位の得点は、1位=3点、2位=2点、3位=1.5点。
本屋大賞を受賞した作品はメディアに頻繁に扱われ、映画化やドラマ化されることで売り上げを大きく伸ばす傾向がある。

本屋大賞については「本屋大賞」を熱く語りたいなら知っておくべき5つのことを参照。

公式サイト:本屋大賞