河出書房新社

河出書房新社」とは、日本の出版社。
河出書房新社は雑誌『文藝』を刊行していますが、これは1944年に改造社より買い取ったもの。
主な出版物は他に河出文庫、河出ブックスなどがあります。

1886年に創業者である河出靜一郎が岐阜の成美堂書店の東京支店として日本橋に設立したのがはじまり。
1933年に2代目の河出孝雄が河出書房に改称。それまで中心だった教科書、学習参考書、農学関連書から文芸書や思想書が中心のラインナップへと変わりました。

1954年に創刊公告された『現代生活』の資金を立ち上げメンバーである編集スタッフが持ち逃げし、これが要因の1つとなって1957年に経営破綻。新しく河出書房新社を設立しました。

1967年に会社更生法の適用を申請し再び倒産。再建後の1977年に本社を新宿区住吉町に移転、さらに2年後に現在の千駄ヶ谷に移転して現在に至ります。

1962年には文藝賞を創設。新人作家の登竜門という位置づけで毎年発表が行われています。

本社所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷2-32-2
公式サイト:河出書房新社