活版印刷

活版印刷(かっぱんいんさつ)」とは、活版で印刷すること。また、その印刷物のこと。
活版印刷はドイツのヨハネス・グーテンベルクが発明したと言われている。
活版印刷の発明はルネサンスの三大発明とも言われている。
活版印刷の普及以前は、書物は写本による複製が一般的であったが、活版印刷の普及によって書物が広く読まれるようになった。