直木賞

直木賞」とは、新人および中堅作家に与えられる文学賞のこと。
対象作品は大衆小説。正式名は直木三十五賞。
文藝春秋を設立した菊池寛が友人である作家・直木三十五を記念して1935年に芥川賞とともに創設した。
かつては無名・新人作家が対象の文学賞であったが、現在は中堅やベテラン作家が受賞することが増えている。
直木賞は選考委員による合議で、東京都中央区築地にある料亭・新喜楽で行われる。
受賞作品は文藝春秋社が発行する雑誌『オール讀物』に掲載される。
第6回からは財団法人日本文学振興会が運営を行っている。
直木賞の受賞者には正賞として懐中時計、副賞として100万円が贈られる。

直木賞受賞者一覧サイト:文藝春秋(直木賞)