激務で薄給が当然?知られざる「編集プロダクション」の仕事

「編集プロダクション」という言葉をご存知でしょうか。
編集プロダクションとは、一言でいうと「出版物の企画・編集・制作代行を行う会社」のことを指します。

「編プロ」なとど略されることが多いわけですが、一般の読者にはほとんどその実態は知られていません。具体的にどのような仕事をしているのでしょうか。
まずは編集プロダクションの成り立ちから考えていきましょう。

スポンサーリンク

編集プロダクションはどのようにして生まれたのか?

本や雑誌は出版社が企画、取材、編集を行い、イラスト、デザイン、撮影、執筆者を外注して作られてきた過去があります。
編集という仕事は出版社の編集部が行い、営業部が書籍の販売を行ってきました。

しかし、高度経済成長期に入ると書籍の刊行点数や雑誌の創刊が相次ぎます。つまり、編集という仕事が増えたのです。
それはつまり、出版社内での人手不足につながります。

そこで、編集を含めた作業をまとめて請け負うようになったのが「編集プロダクション」です。

簡単に言ってしまえば、出版社の多くの仕事を編プロに丸投げすることすら可能になったということでもあります。

現在では、編集プロダクションが執筆者に依頼し、印刷所に入稿し、書籍や雑誌を完成させた形で出版社に納品することが一般的です。

出版社と編集プロダクションの関係とは?

編集プロダクションの仕事を見てみると、出版社と編集プロダクションの関係は一心同体のパートナーのようにも見えます。

しかし、両者の関係は必ずしもそうとは言えず、編集プロダクションは出版社の下請けというのが実態です。
悪く言えば、さきほど述べたような”丸投げ”が発生することもしばしば起こります。

編集プロダクションは編集作業だけでなく、書籍や雑誌の企画に携わることも多くなりましたが、その内容を採用するか否かは出版社が決定します。
編プロに入ればライターや企画の仕事ができる!と思っている人も多いのですが、残念ながらその願いはほとんど叶いません。

さらに残念なことに、たとえ編集プロダクションの企画が通って作品が発行されても、出版社の名前で出されます。
そこには自分の名前はおろか、編プロの名前すら記載されることがないケースも多いのです。

編集プロダクションによっては専門的な仕事をする場合も

編集プロダクションとはいえ、その種類は様々です。
編集プロダクションには機能や請け負う作業によっていくつかに分類することができます。

わかりやすくいえば、ある専門分野に特化するか・幅広く請け負うかのちがいがあります。

  • 【取材プロダクション】
  • →雑誌や書籍の取材、原稿制作を請け負う
  • 【校正プロダクション】
  • →雑誌や書籍の校正や校閲を請け負う
  • 【編集プロダクション】
  • →雑誌や書籍の取材や企画、ディレクション、撮影から校正までをトータルで請け負う

このうち、一般的に”編プロ”と呼ばれるのは本や雑誌の制作を幅広く請け負う会社です。

激務、薄給、離職多数…。これが編集プロダクションの実態

さきほども述べましたが、出版社と編集プロダクションの関係はクライアントと下請けというのが実態です。
そのため、編集プロダクションの作業内容は多忙を極めます。

編集や企画、入稿までを含め、納品期限をきっちりと守ることは、言うまでもなく求められます。
編プロは、さまざまな出版社から依頼を受けるのが普通なので、担当する作品は複数にわたり、当然ながら複数の締め切りに追われることになります。

結果的に激務になることは避けられない宿命なのですが、編集プロダクションの給料は出版社と比較するとかなり低い水準と言わざるを得ません。
薄給なのに激務。これが編プロです。

編集プロダクションでの初任給は15万〜18万円程度。
実際の手取りは10万円前後で、時給に換算すると1000円を平気で下回ります。

昇給やボーナスは期待できない編集プロダクションも多く、労働時間の多さを考えると過酷な環境と言えるでしょう。
大手の編集プロダクションは必ずしもそうとは言えませんが、ほとんどの編プロはワンマン経営なのが実態。

労働環境としては非常に厳しいため、離職率も非常に高いのが編プロ業界の特徴です。
いまでいうブラック企業を体現しているのが編プロと言ってもいいでしょう。

編プロに入れば企画やライターの仕事がもらえる?

出版業界未経験の人が最初のキッカケとして編プロを選ぶケースが多々見られます。
出版社の編集者は狭き門ですし、そもそも求人数が減っているので当然の流れとも言えるでしょう。

では、編プロに入れば編集者としての経験を積めるかといえば決してそんな甘いモノではありません。

多くの人はオリジナリティのある仕事を目指します。自分で企画を立てて、執筆もする。そんな姿に誰もが憧れます。

しかし、編プロはあくまでも出版社の下請け。悪く言ってしまえば、上から言われた仕事しか回ってきません。

よほどのことがない限り未経験者が編プロに入ることは避けるべきです。
体力に自信があって、とにかく編集という仕事に関わりたい!というのであれば別ですが…。

それでも出版業界を支えくれるのは編プロである

新刊点数の増加や、今後ますます増えていくであろう電子書籍を考えると、編集プロダクションが果たす役割は大きいと言えるでしょう。

優秀な編集者の育成を進めるとともに、多様な媒体に対応できる編集プロダクションの存在が今後の出版業界を支えるといっても過言ではありません。

編プロの労働環境が厳しいのは事実ですが、出版業界を支えている存在であることも紛れもない事実なのです。