芥川龍之介

芥川龍之介」とは、日本の小説家。1892年3月1日ー1927年7月24日。
作品の中心は短編小説であり、古典作品を題材にとったものが多い。
また左翼的、反軍的な傾向があり、それを題材とした作品も多い。

1892年、東京市京橋区入船町(現在の中央区明石町)に生まれる。
東京帝国大学文科大学英文学科に進学。在学中の1914年に同期の菊池寛、久米正雄らと共に『新思潮』を創刊。同年10月に『新思潮』が廃刊になるまで、誌面上に処女小説『老年』を発表し、作家活動を開始した。
翌年1915年には代表作となる『羅生門』を発表し、その後、夏目漱石門下に入る。
その後も『鼻』、『煙草と悪魔』など、短編作品を次々に発表する。

1919年に塚田文と結婚後、1921年には海外視察員として中国を訪れる。
この旅行後から、心身ともに衰えはじめ、作品数が減っていく。
1927年、「続西方の人」を書き上げたあと、致死量の睡眠薬を服用して自殺した。
自殺の動機には諸説あるが、芥川龍之介が自殺の要因として残した「僕の将来に対する唯ぼんやりした不安」という言葉、そして晩年の作品である「大道寺信輔の半生」、「河童」、「点鬼簿」など生死に関する作品から精神の衰弱を大きな要因であると言われている。
芥川龍之介の命日である1927年7月24日は小説「河童」から取って河童忌と呼ばれている。

芥川龍之介の死後、友人である菊池寛は新人文学賞である「芥川龍之介賞(芥川賞)」を1935年に創設し、これは現在でも日本で最も権威ある文学賞の1つとして知られている。

【代表作】
『羅生門』(1915年)
『鼻』(1916年)
『戯作三昧』(1917年)
『地獄変』(1918年)
『藪の中』(1922年)
『河童』(1927年)
『歯車』(1927年)