見本出し

見本出し」とは、出版社が新刊を取次の仕入窓口へ提出すること。
出版社が「こういう本が新刊で出ますので、書店への配本をお願いします」と説明をしに行く。
取次の仕入窓口の担当者は、出版社からの仕入れ希望部数とその見本をもとに仕入部数を決定する。
仕入れ部数が決まると、取次は出版社に部決(部数決定)の連絡を行い、新刊の搬入となる。