意外と知らない「講談社と傘下の光文社の関係」とは?

出版業界において、圧倒的な地位を誇る講談社
講談社の歴史は長く、設立は1938年。傘下には日刊現代、星海社、キングレコード、そして光文社があります。

講談社と光文社の関係性は深いつながりがあることは、意外と知られていません。

スポンサーリンク

講談社と光文社はもともと1つの会社だった

戦前から出版活動を続けていた講談社でしたが、戦後になって戦時中の出版活動に対する批判の声が出てきました。

ごくわかりやすく説明してしまうと、批判の中で最悪の事態を想定して創設されたのが光文社です。1945年11月のことでした。

光文社の飛躍を支えたのが、講談社に所属していた神吉晴夫という人物です。彼は独自の編集論で次々とベストセラーを世に送り出していきました。

その後、好調に見えた光文社でしたが、次第に神吉晴夫の経営方針(成果主義や人材登用)に不満を持つ人が多くなります。
結局、労働組合の反対運動によって労働争議となり、神吉晴夫は失脚する事となります。

カッパブックスが新書ブームの火付け役に

光文社といえば女性誌の印象が強いですが、1954年に創刊した【カッパブックス】という新書シリーズは、新書ブームの大きな牽引役となりました。

名称の由来は『屁の河童』という言葉にあります。「いかなる圧迫にも屈しない。自由闊達に活動する」という編集方針を明確に打ち出し、次々とヒット作を刊行していきます。

1980年代の文庫ブームのあおりを受け、次第に売り上げを落としていき、現在は光文社新書として生まれ変わっています。
光文社新書の主なベストセラーには『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』、『下流社会』、『食い逃げされてもバイトは雇うな』などがあります。

光文社が出版業界で大きな影響力を持つようになったのは、この光文社新書が大きいと言えるでしょう。

出版から映像に力を入れる講談社の幅広さ

出版不況といわれる中、講談社はメディア事業に積極的です。小説の映画化、ドラマ化をはじめ、アニメやテレビ番組など、幅広く手掛けています。

また電子書籍に関しても、自社の書籍やコミックをダウンロード販売する「講談社電書info」というサイトを運営。
そして、2013年10月にはKADOKAWA、紀伊國屋書店、講談社の3社によって公立図書館向けの電子書籍貸し出しサービスを行うために、合弁会社「日本電子図書館サービス」を設立し、電子書籍事業の裾野をさらに拡大しています。

出版業界での売り上げランキングでも毎年上位にランクインし、日本の出版活動の中心的な存在です。

出版業界の一大勢力「音羽 vs 一ツ橋」って?

多岐にわたって事業を行う、講談社と傘下の光文社。両者は「音羽グループ」を形成しています。
これは所在地の文京区音羽という地名に由来しています。

この音羽グループに対するのが、小学館と集英社により形成される「一ツ橋グループ」です。
両グループは規模、売り上げともに伯仲しています(一ツ橋グループについては別の記事にて紹介)。

今後の出版業界は電子書籍とメディアの活用、そして経営資源の割り振りが大きなポイントになることでしょう。

講談社と光文社はいまや目立ったつながりを見せることはありませんが、じつは過去に同じ会社として成り立っていたのです。