買い切り

買い切り」とは書店が取次や出版社から仕入れを返品不可の条件で買い取ること。
委託販売制度では返品ができるが通常だが、一部の出版社(岩波書店など)や書籍は買い切り条件で仕入れることがある。
買い切りの商品は客注品にも適用される。客注品は読者が注文した商品のため、書店員の判断で仕入れたものでない。そのため不良在庫となる可能性がある。

また、出版社は委託制度による資金繰りをしているため、新刊を出すことにより自転車操業を行っている出版社にとっては買いきり制度が導入されると危機に陥る可能性がある。