週刊新潮

週刊新潮」とは、新潮社が発行する週刊誌。
1956年2月6日創刊。
新潮社の副社長であった佐藤亮一と編集者の斎藤十一らによって発刊された。

新聞社系の週刊誌が全盛だった中、斎藤十一が後に「俗物主義」と呼ぶ「金と女」に関する記事を多く掲載した。
1997年まで統括責任者を務めた斎藤十一が確立した路線は、政治的には保守系・右派である。自民党や読売新聞などのスキャンダルも採り上げるが、基本ターゲットは左派の政党、議員、メディア。
政治家や芸能人のスキャンダル、殺人事件などの社会事件も数多く採り上げているが、政治家や官僚の金絡みの問題に直接切り込んだり、経済問題や企業の不祥事については、他の週刊誌と比べると記事は少ない。

公式サイト:週刊新潮