バーゲンブックの正体 〜本当は怖い値引き本の話〜

原則、本屋は本を値引きして販売することが認められていません。
つまり、本屋が「この本、売れないから安く売っちゃおうかな」ということができないわけですね。

その理由は後ほどくわしく解説するとして、そんな値引き不可のはずの本が安く販売されることがあります。
それが「バーゲンブック」と呼ばれる本です。「自由価格本」「謝恩価格本」「非再販本」などと呼ばれることも。

本屋の一角にコーナーが設けられていて、そこにある本は定価よりもかなり安く販売されています。

なぜ値引きができないはずの本が安く販売されているのでしょうか?
バーゲンブックの仕組みと問題点、そして出版業界の課題にフォーカスします。




なぜバーゲンブックは安い?ポイントは「再販制度」にある

再販制度(再販売価格維持制度)をご存知でしょうか?
出版業界ではたらく人にとっては耳馴染みのある言葉かもしれませんね。

再販制度とは、カンタンに言えば出版社が「本屋のみなさん、ウチの本は絶対に値引きせずに定価で売ってね」と強制的に販売させる仕組みのことをいいます。

本当であれば、メーカー(出版社)が小売店(本屋)に価格を強制すると独占禁止法違反になります。
なぜなら、市場の公正な競争が失われてしまい、わたしたち消費者が高い価格で商品を買うハメになってしまうからです。

しかし、その法律では新聞や書籍が除外されています。つまり、法律的には出版社が本屋に販売価格を強制しても問題ないわけです。

「本は値引き販売してはいけない」と勘違いしている人が少なくありません。
正しくは「本を値引きするかどうかは、出版社が自由に決めることができる」と言えます。

なぜバーゲンブックは値引きして販売するの?

さて、再販制度の基本をチェックしたところで、バーゲンブックについてくわしく見ていきましょう。

バーゲンブックとはさきほど説明したとおり、割引価格で販売される新刊本のことをいいます。

多くの場合は、本屋やスーパーに「バーゲンブックコーナー」が設けられていて、通常価格の新刊本とは区別されています。

では、なぜわざわざ新刊本を値引きしてまでバーゲンブックを販売するのでしょうか?

これは非常にシンプルな理由で「売れ残りを処分したい」という出版社の事情があるからです。

一度は新刊書店に並んだ本も、すべてが売れるとは限りません。
なんなら、売れ残りのほうが多い場合だってあります。

本屋から返品された本は、出版社の倉庫に戻されます。
そこから再びほかの本屋に旅立てればいいのですが、多くの本は売れ残ってしまうのです。

売れ残りの本は、多くが裁断されます。
それではもったいない、ということで「泣きのもう一回」という意味合いでバーゲンブックに出品するわけです。

裁断するはずだった本でも、割引価格にすればお客さんに買ってもらえるかもしれません。

定価販売を続けて本が売れ残ってしまうと裁断費用がかかってしまいます。
であれば、バーゲンブックで販売をして少ない利益でも手に入ったほうが良いということです。

安かろう悪かろう?バーゲンブックにも問題や課題はある

「普段は割引にならない新刊本が安く手に入るなんて、バーゲンブックって最高!」

といった感じで、本屋でバーゲンブックを開催すると鼻息を荒くして物色するお客さんも少なくありません。

もちろん、新刊本が安く買えるわけですから一見すると魅力的です。
しかし、バーゲンブックにはさまざまな問題点や課題が内包されています。

バーゲンブックについて注意すべき点は以下の3つに分けることができます。

  • 1.本の状態が良くないことが多い
  • 2.内容の薄い本が延命されてしまう
  • 3.再販制度を揺るがす可能性がある

本の状態が良くないことが多い

もっともわかりやすく、もっとも問題点として大きいのが「本の状態」です。
さきほど「新刊本が安く買えるのがバーゲンブック」と言いましたが、厳密に言うと正しくありません。

なぜなら、バーゲンブックに出品される本は悪く言えば「たらい回し」にされた本です。
つまり流通の過程で損傷する可能性が高くなります。

バーゲンブックとして売り場に並ぶまでの道のりを考えると、それはもはや新刊本ではなく「新古本」と呼ぶのが正しいでしょう。

もちろんすべてのバーゲンブックの状態が悪いわけではありませんが、もし購入するのであれば十分に状態をチェックするべきです。

ちなみにバーゲンブックの商品状態の悪さは「Amazonでバーゲンブックを買うのは避けるべき」という記事にて画像付きで掲載されています。リアル書店とは事情が異なるとはいえ、粗悪本があるという意味では参考になるはずです。

内容の薄い本が延命されてしまう

本屋から返品された本は”再登板”の要請がなければ、出版社の倉庫で生涯を終えます。

バーゲンブックは、現役を引退すべきはずの選手が無理やり試合に出場するようなもの。

つまり、バーゲンブックというのは本来は自然淘汰されるはずの本が店頭に並んでいるわけです。

売れなかった本ですから、見た目も内容も劣っていることがほとんど。本当は駆逐されるべき本です。
なかには「掘り出し物」もあるでしょうが、それはほんの一握り。

安い価格に目が行ってしまい、内容の薄い粗悪な本を掴まされる消費者が増えるわけですから、デメリットも大きいと言えるでしょう。

再販制度を揺るがす可能性がある

再販制度とは、さきほど説明したとおり「出版社が本屋に本の価格を強制させる制度」です。

書籍の価格を守っている理由は、端的にいえば「表現の多様性」を保護する意味があります。

現状では内容の薄い粗悪な本がバーゲンブックの中心です。
しかしどうでしょう。今後、出版物の売り上げがさらに落ち込んだ場合には、バーゲンブックの割合がさらに増えていくかもしれません。

ということは、本来であれば「内容の薄い粗悪な本」だったバーゲンブックの意味合いが変わる可能性があります。

つまりバーゲンブックの流通量が増えると「バーゲンブックでも十分に良い本が買えるよね」という状態になってしまい、通常価格の新刊本の売れ行きに影響する可能性があるのです。

再販価格維持制度は賛否両論ありますから、バーゲンブックの良し悪しについて一概には言えません。
しかし「書籍の価格を守ることで得られるメリット」が失われることはまちがいないでしょう。

バーゲンブックのメリット・デメリット【まとめ】

それでは最後に、バーゲンブックの良いところ・悪いところを振り返っておきましょう。

  • メリット
  • ・出版社が売れ残りを処分できる
  • ・消費者は安い価格で本が買える
  • デメリット
  • ・状態が良くないこ本が多い
  • ・内容の薄い本が生き延びてしまう
  • ・再販制度を揺るがす可能性がある

さきほど述べたように、今後は本屋でバーゲンブックコーナーを目にする機会が増えるかもしれません。

「めっちゃ安いじゃん!ラッキー!」と飛びつくのもいいですが、実際に購入するのは慎重に考えてからにしたいですね。