美人が多すぎ!「美女読書」がキラキラすぎて本に集中できない件

みなさん、読書は好きですか?
本が好きな人にとっては愚問かもしれません。

ではみなさん、美女は好きですか?
男性の人にとってはさらなる愚問かもしれません。

本が好きで、美女も好き。
そんな人の夢を叶える企画が「美女読書」です。

美女読書ってそもそもなに?という人のために、今回は美女読書の魅力と「弊害」についてご紹介します。




美女がオススメの本を紹介してくれる

美女読書の企画自体は非常にシンプルです。
サイトを見てもらえればわかりますが、いま話題のビジネス書を美女が紹介するという企画です。

紹介とはいっても、美女自身がレコメンドするわけではありません。
美女はあくまでも「モデル」として、サイトに写真が掲載されているだけ。

言ってみれば、書評にアイキャッチ画像として美女の写真が使われているというつくりです。

ですから、本の内容を通して、美女と心まで交わせることができるサイトではありません。
そういうのはリアルの世界で頑張るしかないみたいです。

とはいいつつ、美女読書というだけあってモデルさんのクオリティが高くて参ってしまいます。
正直、本なんてどうでもよくなるレベルです。

美女読書

出典:bijodoku.com

美女読書

出典:bijodoku.com

美女読書1

出典:bijodoku.com

いかがでしょう。
好み云々は抜きにして、これだけの美人が並ぶと目眩がします。

あのビジネス書に、この美女を組み合わせるなんて…!
そんな感慨深さすら味わうことができます。

美女と本を組み合わせることは別の集中力を高めてしまうので良し悪しありますが、滋養強壮にはいいかもしれません。

美女読書のサイト上には本当の美女が集まっています。
ただし、なかにはそうでもな…

ビジネス書をカタチから読ませるにはいいかも

ある程度の齢(よわい)を重ねてしまうと、企画の狙いを純粋に受け取ることができなくなります。

言いかえると「すぐに企画の裏を読んでしまう」ということです。

美女読書でいえば、

「どうせ美人の写真で惹きつけるだけのサイトだろ」
「こんなビジネス書を美女が読むわけがない」

などと、どうしてもナナメから見てしまうんですね。

でも、社会人になったばかりの世代や、現役のオジさん世代にはこう考える人もいます。

おおっ!同じ本を読んだら美女にモテるかもしれないぞ!フンフン!

ふだんから読書をしている人にとって、美女読書は1つの書評サイトにすぎません。
でも、ふだん本を読まない人にとっては大きなキッカケになるサイトなんですよね。

ちなみに、リアル書店でも「美女読書コーナー」を展開しているお店がありますね。
売れ行きはどうなのでしょうか。気になるところです。

疲れたビジネスパーソンのオアシスとして、今後も広がりを見せるか?!
今後の美女読書にも目が離せません。