本屋さんの恋愛事情―職場恋愛の幸せ、たまに絶望

職場恋愛。なんと恍惚な響きでしょうか。
いつだって恋愛に制限はありません。それがたとえ同じ職場内であったとしても、です。
燃え上がった2人を誰が止めることができるでしょうか。

と、いろいろ言ってみましたが、同じ職場での恋愛はけっこう大変です。
なんといっても社内恋愛・職場恋愛にはリスクがつきまといます。

書店員が同じ店の下、愛を育むにはきちんと覚悟を決めなければなりません。

今回のテーマは書店員の職場恋愛。
同じ本屋ではたらくアノ人にアプローチするところから、恋愛関係に持ち込むまでの一連のテクニックをご紹介いたします。




いきなりアプローチ?ちょっと待った!

書店員の恋は十冊十色。わたしがいま作りました。自分の言葉遊びに脱帽です、いろんな意味で。

さて、まずは書店員の恋・アプローチ編からご紹介です。
まずは皆さんが働いてる職場を想像してほしいのですが、そこは社内での恋愛が許されそうな環境でしょうか。

おそらく、ほとんどの職場でそんな空気はないはずです。
それはなぜか?答えはカンタンです。

「おまえら、仕事に恋愛なんか持ち込むんじゃねー!」

ってなるのが当然だからです。バレると職場の雰囲気も気まずくなります。

それを踏まえた上で作戦を練る必要がありますし、アプローチする前には職場恋愛のリスクを覚悟しましょう。

書店員はどうやって好きな人にアプローチするべきか?

仕事内容や職種によって、好きな人へのアプローチ方法は変わってきます。
書店員の場合はどんなアプローチ方法をとるべきでしょうか。

まず、手っ取り早いのが「好きな本を共有する」という方法です。
このサイトでもたびたび取り上げていますが、気になる人とお近づきになるためには本というツールを生かさない手はありません。

一般的な会社の職場であれば、ある程度距離が縮まってからでないと本の話題を出すのは難しいもの。
しかし、ありがたいことにあなたが恋しているお相手は書店員です。本の話をするのはごく自然ですよね?

好きな本を共有するのは、一般的ですが、ここでもう一歩踏み込んだ心理作戦を。
それは「嫌いな本を共有する」というもの。

「へ?嫌いな本?そんなもん共有したらイメージ悪くない?」

いいえ、そんなことはありません。
実は心理学的には「キライなもので共感したほうが相手に親近感を抱く」ということが証明されています。

ですから、好きな本を共有するだけでなく、キライな本で共感を呼ぶべきなのです。
そのためには、できれば好きな相手にこんな感じで聞いてみてください。

「前に読んだこの本ヒドかったんですよ、この作家知ってます?」

ただし地雷には注意。ある程度の下調べは必要です。相手がキライだろうと予想のつく作品について切り出してみるのです。
それで「わかる!その作家はヒドい!」と共感してもらえれば、あなたは優位に恋愛作戦をすすめることができます。

どうせなら書店員らしい告白のセリフを選びましょう

さて、好きなアノ人とお近づきになれたあなた。
そろそろ相手のホンネが知りたい時期に入ってきました。

さっそく、告白を考えます。
わたしが提案したいのは、書店員っぽさのある告白のセリフ・言葉えらびです。
せっかく書店員同士の恋愛なんですし、書店員である相手が思わずクスっと笑ってOKしてしまう、そんな言葉を選びたいですよね。

  • ・「今日から君のブックカバーになりたい。付き合おう」
  • ・「わたしの心の平積みはいつもあなたです。どうしても売り場からハズせません」
  • ・「君のことが好きすぎて、恋のスリップがこんなに溜まってしまったよ
  • ・「返品覚悟でボクのことを仕入れてみない?」
  • ・「好きです。今日からわたしの岩波文庫になってくれませんか?

ザッとこんなところでしょうか。
最後の岩波文庫は「買切り⇒返品できない⇒ずっとわたしのものになって」という意味が込められています。念のため。

告白成功!しかし、浮かれてはいられない現実

あなたは書店員らしいフレーズで無事に告白を成功させました。
喜びを爆発させたいところです。が、現実はそんな甘くはありません。

忘れてはならないこと。それは、あなたが勝ち取ったのは職場恋愛だということ。

ようやく結ばれた2人とはいえ、それが職場にバレた日には気まずい関係になってしまいます。
場合によってはどちらかが解雇、なんてこともありえるのです。

最初にも書いたとおり、職場恋愛では絶対にまわりにその事を知られてはいけません。
オープンな関係が許されている職場も中にはあるかもしれませんが、いずれにせよバレないに越したことはないのです。

付き合うことになった場合に気を付けるべきポイントは以下のとおりです。

  • ・職場でタメ口は絶対にきかない
  • ・会う約束のメモなどはNG
  • ・バックヤードでも気を抜かない
  • ・仕事を終える時間をズラす

付き合うことになると、当然ながら2人の口調も変わります。
仕事の基本は敬語です。職場でタメ口をきくようなことがあると、

「あいつら、もしかして…?」

と勘ぐる人もいるので注意が必要です。

仕事を終える時間にも気をつけましょう。
仕事終わりにデートしたい気持ちもわかりますが、いつも同じ時間にあがっていると、

「あの2人、もしかして…?」

と勘ぐる人が出てきます。
特に、ゴシップ好きのパートさんには要注意です。

職場恋愛で万が一、別れることになったら…

告白が成功し、幸せな日々がずっと続くと思っていたあなた。
人生とは非情なもので、別れはいつやってくるかわかりません。

職場恋愛で結ばれたあなたに知っておいてほしいことがあります。
それは、付き合い方よりも別れ方のほうが重要であるということ。

別れたあと、違う職場に移れればいいのですが、そうカンタンなものでもありません。
ほとんどの場合は、別れたあとも同じ職場で働かないとならないでしょう。

ですから、下手な別れ方をして気まずい関係で終えてしまうと、それが仕事にも響くという最悪のパターンを招きます。
キレイな別れ方には色々な方法がありますが、まず基本線として「原因は自分にある、あなたは悪くない」ということを必ず伝えましょう。

「別れたあとも友達でいようね」なんていう都合のいい言葉をよく耳にしますが、こと職場恋愛に関してはとても重要です。

書店員の職場恋愛まとめ

さて、書店員の職場恋愛について最後にもう一度おさらいしておきましょう。

  • ・最初のアプローチは本の話題。特にキライな本で共感を誘う
  • ・告白は「書店員らしいフレーズ」をチョイス
  • ・職場にバレないよう、2人でルールづくりをする
  • ・別れ方は付き合い方より重要。後くされのない別れ方を

ここまでしっかりマスターすれば、あなたの書店員生活はハッピーなものになります。
書店員の職場恋愛を加速させて、出版不況なんて吹き飛ばしてやりましょう。