読めない本を解消する!積ん読に別れを告げる方法

本屋ほど、人に購買欲を掻き立てる空間はありません。
そんな空間が災いしているのでしょうか。本が好きな人にとっては積ん読が永遠の課題となっています。

積ん読とは、読んでない本が部屋にどんどん積まれていくこと。
これ以上、積ん読で悩む人を生まないためにはどうすればいいのでしょうか?

今回は積ん読の悩みを解消するために知っておきたい「読まない本と出会わない方法」をご紹介。
これであなたも積ん読ライフに別れを告げましょう。




気づけば家じゅう積ん読パラダイス

皆さんにはこんな経験はありませんか?

仕事帰りにフラッと本屋に立ち寄り、なにげなく売場を眺める。至福のひととき。
なんとなく手にとった本に思わず見入ってしまい、買おうか買うまいかソワソワ…。

幾分か悩んだ末に、購入を決断!よし!買うで!
レジで会計を済まし、意気揚々と本屋を後に。

電車の中でパラパラと本を読んでみる。うん、イイ本買ったぞ!

やがて家に着き、自分の部屋にうずたかく積まれた本を目の前にしてこう思うのです。

また、やってしまった…

積ん読を繰り返す典型的な流れはこんな感じではないでしょうか。
ということは、この連鎖をどこかで断ち切れば、無用な積ん読を防ぐことは十分に可能だといえそうです。

なぜ、読まない本を買ってしまうのか?それが問題だ

積ん読に悩む人なら誰しも、その原因を考えたことがあるかと思います。
読まない本を買ってしまう原因を以下に挙げてみます。

  • ・知識欲が豊富すぎる(興味の幅が広い)
  • ・新刊に弱い(ミーハー)
  • ・難しい本で読めなかった(勉強不足)
  • ・時間がない(多忙)

これらの要因が複雑に絡み合うことで、積ん読を作り出す諸悪の根源は生まれてしまうのです。

しかし、こうして原因をきちんと知ることができれば解消することは難しくはありません。
解消する方法を具体的に1つずつ見ていきましょう。

知識欲を効率的に生かすには?

まず、知識欲が豊富であるということは、「興味の対象が広い」とも言い換えられます。
興味の対象が広がるあまり、特定のジャンルや作家に対しての深堀りができません。

ですから、まずは特定のジャンルを特定の期間で区切って読むようにしてみましょう。

たとえば「今月はピケティ関連の本だけに集中しよう」と決めるのです。
そうすれば興味がムダに分散することがなくなり、読まない本を買ってしまうリスクを減らすことができます。

いまで言えばピケティの『21世紀の資本』を覚悟を決めて1冊買ってしまえば、その周辺知識を求めて関連書籍を読まざるを得なくなります。
特に『21世紀の資本』についていえば、価格が5940円(税込)と高額なため、そのサンクコストは無視できません。

新刊はほとんどが無駄死する作品ばかり

新刊が出るたびに買ってしまう人もいるかと思います。
無理もありません。なぜなら日本の出版業界は空前絶後の新刊主義に陥っているからです。

年間8万点、1日平均で約200点もの新刊が発売されていると言われています。
本屋にいけば新刊が続々と売場に並んでいます。そんな状況ですから、気になってしまうのも仕方ありません。

しかしどうでしょう。その新刊の中で数年、いやもっと言えば1ヶ月でも長期で売れる本がどれほどあるでしょうか?
これだけの新刊が続々と出ているにも関わらず、売れていると言われる本はほんの数点にすぎません。

つまり、新刊はそのほとんどが出版社の資金繰りのために刊行され、日の目を見ることなく死んでいきます。

これは特にビジネス書・自己啓発書、生活・健康実用書に顕著です。
同じようなテーマや切り口で二番煎じどころじゃ済まないような本がゴロゴロ発売されています。

ですから、本屋で新刊を買おうか迷ったときは一度冷静になりましょう。

そして、できることなら新刊ではなく長年にわたりロングで売れている本を買うことをオススメします。
ロングセラーで本屋に並んでいる本、いわゆる名著は売れるだけのコンセプトと内容が備わっています。

わたしも以前は新刊に飛びつくクセがありました。
しかし、「出た!二番煎じ!」と引いて見るようにしたことで、「読まない本を買う=積ん読」を大幅に減らすことに成功しました。

ビジネス書、語学書、実用書などは過去の名作を焼き直したものが非常に多く出回っています。
文芸書にはあてはまらないことも多いですが、なにはともあれ新刊には特に注意を払いましょう。

難しくて読めない本を買ってしまうのを防ぐには?

もう1つ、読まない本を増やす原因が「買ってみたら難しくて読めなかった」というもの。
わかりやすい例でいえば哲学書なんかが特にあてはまるでしょう。

本屋で立ち読みして吟味しているときは

お、なんか難しそうだけど挑戦してみるで!

とかいって買うんですが、あの熱意はどこへやら。
翌日には買った本の存在すら忘れていることがあります。

こうした事態を防ぐには、やはり周辺知識をきちんと得た上で臨むことが重要です。

特に、名著と呼ばれる作品には副読本が多く刊行されています。
こうした本で周辺知識を固めてから攻め込めば、本丸は容易に落とすことができるでしょう。

多忙な人は「細切れ時間」を活かそう

時間術の本によく紹介されていますが、やはり「細切れ時間」はバカにできません。
忙しくて本を読む時間がないという人は、特にこうした細切れ時間を意識してみるといいかもしれません。

たとえば電車の待ち時間。
ホームで待つ数分間でも、それが毎日続けば十分な読書時間になります。

カバンに本を入れて持ち歩くことも多いと思いますが、いざ読もうとなると「なんか取り出すの面倒だな…」と思ったりすることもあります。
ですから、可能であれば移動時間は本をカバンには入れずに手に持って行動するのがオススメ。

こうすることで、細切れ時間を有効活用できるようになるでしょう。

本屋で買ったらすぐに喫茶店に入るという方法

齋藤孝さんが書いた『大人のための「読書の全技術」』(中経出版)という本があります。

この本には読書に関するあらゆる技術が書かれていて、大変勉強になるのですが、その中に積ん読をなくすのに効果的な方法が書いてあります。
それは本屋で本を買ったら、そのまま喫茶店に行って本をさばくというもの。

だからこそ、本を買ったら、その日のうちにさばいておく。つまり、一目惚れしたテンションのまま、一気に中身を把握しておくべきなのです。(P101)

また、難しい本をいかに読むか?について書かれた『難解な本を読む技術』(光文社新書)にはこんなことが書いてあります。

個人的には、たとえば池袋のジュンク堂で発見して購入し、帰りの電車の中で読んでいるときが最も効率がよいと感じています。読みたいという感覚が続いているあいだは、非常に理解の効率も高いと言えます(Kindle版より)

これらは非常にうなづける感覚ではないでしょうか。
本を買った帰りの電車で座れたときほど喜びを感じる瞬間はありません。

わたしは帰りの電車で、本を読むことに熱中しすぎて乗り過ごすことがしばしばあります。
それだけ帰りの電車での読書は効率的なのかもしれません。

積ん読を解消する方法まとめ

それでは最後にもう一度、積ん読を解消するための方法をおさらいしましょう。

  • ・興味が分散しないように、期間を決めてジャンルを絞る
  • ・新刊には手を出さない。名著を長く読む
  • ・難しい本は周辺知識を身につけてから
  • ・本を買ったら喫茶店ですぐに本をさばく

積ん読解消法についてご紹介しました。いかがでしたか。

積ん読に別れを告げたい。そんな一方で、わたしは積ん読にも良さがあるとも思っています。

なんといいますか、読んでない本に追われている感覚とでもいいましょうか。
常に本にプレッシャーをかけられている状態
これがけっこう嫌いじゃなかったりもします。

際限なく積ん読を続けるのも、ある意味充実した読書人生なのかもしれません。
とはいえ、読まない本ばかりを買ってしまうリスクはきちんと回避していきたいですね。