出版社の営業に「こんなの売りたくないよ」と嫌われる本とは?

自分が好きな本だけをひたすら売ることができれば、出版業界はもっと楽しいと思います。これは出版社も書店も同じ。

書店員としては、自分が読んで面白いと思った本だけを販売できれば、自然と気持ちも入ります。

出版営業としても、自分が好きでオススメしたい本をプッシュしたいものです。

「売りたいと思わない本」を売らなければならない、そういう状況は書店員よりも出版営業のほうが圧倒的に多くなります。

書店員であれば、自分の好きなジャンルの本は店のどこかにあるわけで、よほどジャンル担当が細分化されてない限り、何かしら売りたい本があるはずです。

しかし、出版営業はそうもいきません。

まず、文芸書が大好きな人が入った出版社が実用書を出版する会社だった場合。これはもう、ミスマッチも甚だしいです。

入る前から、きちんとリサーチして入れよと思われるかもしれませんが、実際に出版業界を経験すると、こうしたミスマッチを避けるのはむずかしいことを痛感します。

たとえばビジネス書をメインに刊行する出版社ではたらいている人に話を聞くと「ビジネス書なんか読まない」という人は非常に多いです。また、出版社の方針として自分が想定していなかったジャンルに舵を切ることも起こり得るわけです。

こればかりはビジネスの戦略上、仕方ないところでもあります。

それなのに、なぜやっていられるかといえば「純粋に本が好き」だからとしか言えないと思います。

つまり、何が言いたいかというと、出版営業は自社の刊行された本がどうであれ、きちんと内容を把握し、その本がどれだけ面白いか(本当は面白いと思っていなくても)を書店員をはじめ、世の中に伝え、普及させる営業活動を行わなければいけないということです。

言うまでもなく、そんなのどんな仕事でも同じことではあるのですがね…。

それでも本が好きだから出版社ではたらいているのですが、自分がそこまで思い入れのないジャンルの本であっても、切り口が斬新で類書がまったくないような新刊であれば、営業としても楽しい仕事ができると思います。

今までにない新しい切り口の新刊であれば、「営業活動によって世の中に今までにない本=価値観を広められるかもしれない!」というワクワクした思いが湧いてくるからです。

まあ、そんな本の営業活動に携われる機会なんて滅多にありません。なぜなら、世の中に出回る本には、ほぼ確実に類書があるです。




二番煎じの本なんか売りたくない

具体的に、どんな本だと出版営業のモチベーションが上がらないのか。それはズバリ「二番煎じの本」です。

少しまえですが、『人生はニャンとかなる!(文響社)』が非常に売れました。そして、このヒットを受けて他の出版社はこぞって似たような本を出します。

『ニャンとかなる!』がヒットして以降、書店には似たようなネコ本があふれていることが、その証左です。

ハッキリ言って、他の版元の二番煎じの本なんか売りたいと思いません。だって、書店の担当者に営業をかけたところで「またネコ?もうお腹いっぱいだよ」と言われるのがオチですもの。営業として、これほどツライことはありません。

ただまあ、出版社としては、二番煎じの本はある程度の部数がさばけるので、経営を安定させる意味では必要なんですけどね。

でも、どうしたって本気で売る気にはなれないのが本音なのです。このジレンマの中で生きるのが出版営業の本質なのでしょうか。まあ、自分の売りたい本を売る、もっと言えば自分が好きな仕事をすることができるのは一握りに過ぎないということでしょう。

二番煎じの本なんか書店員の人にとってもウンザリですし、ある程度本を知っている読者にとっても同じ本ばかりでつまらないのは事実。

二番煎じを生まないためには、古い体質の出版社の編集部員が、常に新しい企画を生み出せる編集部員へトランスフォームしてくれることを祈るしかないのかもしれません。

営業と編集が、もっと寄り添って仕事ができればいいんですが、営業と編集の垣根がない出版社がどれほどあるか…。その数はごく少数だと思います。