書店員の仕事って楽しい?元書店員だから語れる仕事の真実

私は以前、2年間ほど大型書店で書店員として働いていました。

大学時代からもともと本は好きだったのですが、就職活動のときは本屋に就職するなんてことは頭になく「とりあえず安定を」ということで金融関係に進みました。

しかし、実際に働き始めてみて「ああ、ダメだ。本屋で働きたい」と思い、新卒から半年で退職。
前述の本屋に転職したわけです。

大学時代に本屋アルバイトの経験があったとはいえ、レジや棚の陳列はまったく別物。
最初はわからないことの連続でかなり苦労しました。

でも、続けていると良いことはあるものです。
いまはこうして本屋の外から記事を書いていますが、チャンスがあればまた書店員として働きたいと思っています。

今回は、いま振り返ってみて感じる「書店員の仕事の楽しいところ」を記してみます。




なぜ書店員の仕事は楽しいのか?

わたしは、現在の仕事(とはいえフリーですが)に付くまで、計4つの職に付いてきました。
そのなかで、やっぱり書店員の仕事がダントツに楽しかったわけですが「なぜ楽しいのか?」を冷静に考えたことはありませんでした。

書店員をしていて楽しいと思う理由は、大きく分けて3つあります。

  • 1.本に触れることができる
  • 2.棚づくりを通して自己表現ができる
  • 3.共通の話題や夢を持つ仕事仲間がいる

1.本に触れることができる

まず1つ目の理由は「本にさわれる喜び」があります。
これはもう理屈云々ではなく「本に触るのが好き」「本を見るだけでワクワクする」という皮膚感覚。
使い方が合っているかはわかりませんが「生理的に好き」なのです。

書店員はレジ接客のときだけでなく、売り場でもずっと本を触っています。
ですから、本が触ることが好きな人にとってこれほど至福の空間はありません。

個人的にはやはり「みすず書房」のハードカバーを触る瞬間が絶頂です。
デザインも良く、硬質で分厚い本を触っているだけで、多幸感を得ることができます。

あとは、いかにも書店員らしい身のこなしをしている自分に酔えるのも良いですね。
入荷してきた本を10冊くらいまとめて片手に持ちながら売り場を歩くのも好きでした。
片手に持つというのは、厳密にいえば10冊を上に積み重ねて腕全体と胸で支えながら持つということです。

「あー自分、書店員やってるなー」と感慨深くもあります。
個人的にはこの身のこなしが、最も書店員っぽい動作だと思っています。

「一度にこんなたくさん本を持てるんだぞー」

という自己陶酔にも陥っていましたが、非常に楽しい瞬間でした。

2.棚づくりを通して自己表現ができる

本を出版するというのは、出版社や著者の自己表現です。
何かを伝えたいから本を出す。これは言うまでもありません。

書店員は、出版社から受け取った本を使って自己表現をすることができます。
それが「棚づくり」です。

入荷してきた本を、自分が思うように並べる。これは書店員として1番楽しい仕事です。

「新刊が入ってきたから、関連性の高い本をココに置いてみよう」
「思い切って既刊をメインに持ってきてみるか!」
「売り場が寂しいからPOPをつくろう」

などなど、自分の感性や経験を頼りに棚をつくる作業は最高に幸せなひとときです。

反対にいえば、こうした売り場づくりができない(させてもらえない)書店員の仕事は面白くありません。

たとえば学生アルバイトを雇って、レジ専門でぶっ通し5時間とかやらせる本屋がありますが、アレは絶対に良くない。
経営上 or シフト上の判断でしょうが、必ずマイナスにしか作用しません。

前に働いていた本屋で、店長の指令で8時間連続でレジ担当をしている人がいました。
話を聞きましたが「気が狂いそうだった」とのこと。そりゃそうだ。

3.本という、共通の話題や夢を持つ仕事仲間がいる

仕事は何をやるかじゃない、誰とやるかだ。
いまわたしが作ったよく耳にするような名言ですが、まさにこれです。

もちろん、何をやるかは大切なのですが、そこに「誰と」が伴っていないとなかなか続きません。
そして仕事をしているときの幸福感も「誰と」が充実していないと味わえないものです。

本屋は、いわゆる小売りのアルバイト(たとえばコンビニ)に比べると、似ている人が集まりやすい場所です。
わかりやすくいえば、共通の趣味を持つ人が多いということ。

わたしが働いていた本屋にも、良くも悪くも変な人が多くて楽しかったことを覚えています。
特に嬉しいのは「本屋談義」ができること。
「売り場をこうしたら売り上げが伸びた」だの「この間できた新店はダメだ」だの、話していて楽しい話題で持ち切りです。

これは書店員をしていて楽しいことの1つでした。

書店員をやりたい!けど、そんなに甘くはない現実

私の書店員時代は、とても恵まれていたと思います。
まわりの人はもちろん、好きに仕事をさせてくれる上司がいました。
だから、どの店のどの環境でも書店員が楽しいかといえば、決してそんなことはないわけです。

これは余談ですが、弊サイト「コトビー」には【本屋バイト つらい】という検索ワードで訪問する読者がたくさんいます。

つまり、本屋の仕事は世間的にツライものだと思われているということなのです。

給料が安いのは言うまでもなく、何より体力を使います。

書店員について話すときは毎回同じ結論になってしまうのですが、やはり本が好きじゃないと続かないと思います。

本屋の経営者や店長が労働環境を変えるしかない

とはいえ、本屋を運営する側(経営者や店長など)ができることは確実にあります。
それは「書店員の仕事を楽しいと思わせる環境づくり」です。

先ほど述べたような「レジぶっ通しで5時間」なんかやらされたら、誰だってイヤになります。
こうした拘束をさせられるのは夕方から働く学生アルバイトに多いのですが、これは今スグ改善すべきです。

たとえば1時間のうち、ほんの5分だけでも売り場に出ることができれば、十分な気分転換になります。

書店員の仕事が楽しいと思ってもらうためには、将来有望な学生に悪いイメージばかりを植え付けてはいけません。

これは私見ですが、本屋アルバイトを希望するのは「本を並べたい」と思っている人が大半です。
しかし、仕事をしてみたらレジばっかり。こんな状態では夢を壊すだけです。

書店員の仕事は楽しいと思ってもらえる労働環境・職場環境をつくること。
それが本屋の永続性につながる1つのカギになるでしょう。