男が知らない「女性ファッション誌」の用語6選

本屋で立ち読みをしていると、ときどき「謎の言葉」が飛び交う雑誌に出会うことがあります。誌面上は、知らない日本語のオンパレード。

怖くなって表紙を見直すとそれはほとんどの場合、可愛いモデルさんがニッコリ微笑む「女性ファッション誌」なのです。

そうか、女性誌には男がふだん使わない(女性もおそらくふだんは使わない)、女性ファッション誌ならではの言葉があるのか!

それを意識して読んでみると、もはやコーディネートの紹介文として成り立っているのかも怪しい言葉が並んでいます。

そこで、今回は女性ファッション誌に使われる用語を6つ紹介。
男が知らない女性ファッション誌の世界に飛び込んでみたいと思います。




女性ファッション誌は、もはやちがう国の言語で書かれている

重ねてになりますが、今回の記事で紹介したいのは女性ファッション誌で使われている用語です。
そのなかの、特にコーディネートを紹介するときの「表現」に注目します。

女性ファッション誌には、モデルの端っこにコーディネートを説明する文章と、洋服の情報が載っています。

あの、端っこに小さな文字で書かれた説明文にこそ、ふだんは使うことのない異世界の言葉があふれているのです。

それでは早速、女性ファッション誌で使われているフレーズを見ていきましょう。

「抜け感」とは?

きちんとしていながらリラックス感があったり、ナチュラルな雰囲気がある着こなしを表現するときに使われる言葉。
カッチリし過ぎてもいず、力が抜けすぎてだらしなく見えたりもしない、適度に力が抜けたいい状態のこと。
また、適度に肌が見える着こなしに使われることも(引用:cancam.tv

抜け感

抜け感のファッション例(出典:gadgetterz.jp)

まず真っ先に取り上げたかったのが「抜け感」という言葉。
こんな言葉、日常生活でほぼ使いません。

定義を見てもわかりますが、非常に曖昧な言葉です。
抜け感はファッションにもヘアスタイルにもメイクにも使われますが、正直「言ったもん勝ち」です。

「こなれ感」とは?

服飾業界で使われることの多い、無理せず着こなしているまたは着慣れている雰囲気を意味する語。「こなれ感」のある服はシンプルであることが多く、環境や体格に合った快適さも基準になることがある(引用:weblio辞書

こなれ感

出典:mensclub.jp

「〜感」が続きます。
要するに自分にあったコーディネート、と考えればいいのでしょうか。
自分の身の丈にあった洋服を組み合わせれば、こなれ感は演出できそうです。

「こなれ感」というと、なんとなく「美味しい漬物」っぽい感じが出ますので、誤用には注意しましょう。

「レイヤード」とは?

“層をなした、重ねられた”の意。重ね着の装いのこと。ニットによるプルオーバーとカーディガンの組み合わせから始まった。Tシャツの下から長袖を覗かせる、ジャケットの裾からシャツの裾を出すといった手法(引用:weblio辞書

レイヤード

レイヤードという言葉も、ファッション誌ではよく見かけます。

重ね着、という言い方ではオシャレに敏感な若者は反応してくれないのでしょうか。難解です。

袖をチラ見せしたり、裾を出したりといったスタイルのようですが、下手に取り入れると「ただ、だらしない人」に成り下がるので、ハードルは高めです。

「マニッシュ」とは?

マニッシュ(manish)とは「男性のような」の意。マスキュリンと同義。女性が男性的な装いをするスタイル。テーラード・スーツなどを着ることで、逆に女性らしさを強調する点も意図されている(引用:fashion-press.net

マニッシュ

出典:united-arrows.co.jp

マニッシュ!何度でも言い放ちたくなる言葉ですね。
響きというか、語感がいいので使いたくなる気持ちもわかります。
とはいえ、いくらなんでも女性ファッション誌で使われ過ぎです。

松岡修造がよく言ってそうな言葉です。それはスマッシュでした。

「ヘルシー」とは?

「健康的な」ファッションを意味する言葉です。テニスルックやマリンスポーツルックなど、スポーツを核とした、都会的な感覚のファッションという意味でこの言葉が使われています(引用:www.zds.cc

ヘルシーファッションとは、簡単に言うと「素材にこだわったシンプルなスタイル」のことを指します(引用:u-note

ヘルシーファッション

出典:locari.jp

ヘルシーという言葉はいつのまにかファッションでも使われるようになってました。

健康的、という言葉の方が明らかに通じるのに、女性ファッション誌はわざわざカタカナを使いたがる。
いかに女性ファッション誌が「空気感」を大事にしているかがわかります。
女性ファッション誌は言葉の意味よりも、「なんとなくこんな感じでしょ」というニュアンスを大切にしていることが如実に表れています。

ふだん使っていない側からすると「その洋服ヘルシーだね!」と人から言われても、「なんだコイツ?食いたいのか?」と勘違いしてしまうでしょう。

「コケティッシュ」とは?

コケティッシュとは「あだっぽい、なまめかしい」という意味。女性の粋な美しさや魅力を表現する言葉(引用:fashion-press.net

コケティッシュ

coquettish(フランス語)に由来する言葉で、「小悪魔的な」といったニュアンスも内包しています。
コケティッシュという語感からは考えられませんが、悪くいえば「魔性の女」です。

でも結局のところ、男はこういう女性にホイホイついていっちゃいます。

女性ファッション誌用語はまだまだ眠っている

以上、女性ファッション誌の6つの言葉を紹介しました。
ここで紹介しているのは、言うまでもなく一例です。

女性ファッション業界はトレンドの移り変わりが激しく、それに合わせて雑誌で使われる言葉も様変わりします。
もしかしたら、数ヶ月後にはここで紹介した言葉が死語になっている可能性だってあるのです。

代謝の早い女性ファッション誌の用語。今後も定期的に追いかけていきたいと思います。

【関連記事】

雑誌広告の料金はいくら?出版業界人のための広告講座

雑誌「VERY」を愛読する「VERY妻」にはくれぐれもご注意を

本屋の雑誌担当者が知らないとヤバイ「雑誌の基礎知識」

女性ファッション誌『CanCam』の由来と特徴とは?

モテたいなら要チェック!女性ファッション誌「4つの常識」

【超主観】女性に読んでいて欲しい雑誌 BEST5

なぜ売れる?集英社の女性誌3つが売り上げ好調な理由とは

女性ファッション誌の発行部数ランキング!(2013年10月〜12月)

雑誌が売れない時代だからこそ、たまには雑誌を読みませんか?