多くの本好きを悩ませる「積ん読」って英語でなんて言うの?

日本で生まれて、読み方そのままに英語化される言葉ってありますよね。

「もったいない(mottainai)」「カラオケ(karaoke)」「過労死(karoshi)」「可愛い(kawaii)」などなど、日本語が英語になった例はたくさんあります。

そこで気になったのが「積ん読」という言葉。本が好きな人もそうでない人も積ん読には悩されるものです。

積ん読って、もしかしたら世界共通の悩みなのでは?と思い立ち、英語で「積ん読」を表現する方法について調べてみました。

スポンサーリンク

「積ん読」を英語で表現する言い方とは?

結論から言うと、現時点では「積ん読 = Tsundoku」として英語になっている確証は得られませんでした。

しかし、オックスフォード辞典のWebサイトには「積ん読」について以下のような説明があります。

Tsundoku is a Japanese word that has no direct synonym in English. It means, ‘the act of leaving a book unread after buying it, typically piling it up together with other such unread books.’ This may be similar to being buried under a pile of unread books, which is every book lover’s reality.

積ん読という日本語と、同じ意味を持つ英語はありません。積ん読とは「本を買ったあと未読のまま置いておくこと。特に、読んでない本を次々と積み重ねること」を意味します。これは本を読まずに”埋葬”するようなもので、多くの本好きに共通することです。

オックスフォード辞典がまだ「積ん読 = Tsundoku」と認定していないので、通常の文章を使って積ん読を表現するしかなさそうです。

積ん読を英語で表現してみると?

  • A pile of books that I haven’t read yet
  • 【積ん読】(直訳:まだ読んでない本の山)

積ん読が世界共通の悩みだとすれば、「Tsundoku」という日本語発祥の表現がそのまま採用されることはないかもしれません。

でも、積ん読という1ワードだけで自分の悩みを(ついでに本が好きであることも)端的に表現できる日本語って便利ですよね。

英単語でも、1単語で積ん読を簡潔に表現できる言葉が生まれて欲しいところです。