誰もが出版社と直取引できるわけじゃない!【本屋開業の実態とリスク】

少し前まで「書店員が独立して本屋を開業するのは不可能」という風潮が強かったのですが、最近は元書店員が自分のお店を開くケースが目立っています。

こうした流れはとても嬉しいですし、もっと本屋が増えることを願っているのは事実です。

しかし、決してカンタンな話ではないのも事実。

インターネットや雑誌の記事が独立系本屋を取り上げるときは、リスクについてはほとんど触れません。だから、「自分で本屋できるなんていいねー」といった表面的な話になりがちです。

実際、京都の恵文社一乗寺店で店長を務めていた堀部篤史さんの独立書店「誠光社」について書かれた記事は本屋を自分で開くリスクについてほとんど触れられておらず、礼賛に終始しています。

アマゾンや大手書店チェーンに押され、街の書店が減少し続けている現在。新刊書店の新規オープンも少ない。堀部氏はそれらの理由として、既存の流通構造に問題があると指摘。街の書店が生き残る術として“直取引”という方法を採用し、動き出した誠光社の取り組みに迫った。

書店が新規出店をする場合、大手取次と契約するためには、高額な契約金が必要となる。そのため書店を始めたいと思っても、多くの人は二の足を踏まざるを得ない。しかし直取引であれば、契約金は不要。マージンも不要なので、一冊売れたときの利幅も大きくなり、雑貨などに頼る必要がなくなるのだ。

記事のテイストとしては、「出版社と直取引をすることで書店の利幅が大きくなるから良いよね」といったところ。

もちろん、出版社と直取引をすることで取次に支払う手数料(マージン)がなくなるわけですから、本屋の取り分が多くなるのはメリットがあります。取次の配本に悩まされることなく、自分の裁量で本を仕入れることができるのは気持ちもラクでしょう。

粗利が高い雑貨ばかりを並べる必要がなくなるかは本の実売次第ですが、本の陳列を増やしたいお店にとってはメリットがあります。

しかし、出版社と直取引するメリットは、よほどの”実売”が伴っていない限り享受できる話ではないのです。

なぜなら、出版社との直取引になることで返品不可、つまり買い切りになるからです。自分が仕入れた本が売れなかった場合、返品ができないので不良在庫にするしかなくなります。

本が売れないと棚はよどみますし、本が傷んでしまえばおしまいでしょう。いつ行っても同じ本しか並んでいなければ、お客さんはサッパリ来店してくれなくなる可能性もあります。

ですから、あたかも「直取引バンザイ!これからの個人書店はこうじゃなくっちゃ」といったテイストの記事には十分注意が必要です。
独立系書店の”負の側面”に触れないと、実情を伝えることができないからです。

京都にお店を構える誠光社は当初の売上目標を達成しており、経営は順調とのこと。なんとも心強く、嬉しいニュースです。
しかし、これはあくまで堀部篤史さんの知名度と努力があって達成しているだけの話。誰でも成し得るかといえば、到底およばないでしょう。

出版社との直取引はどちらかというとデメリットのほうが多いのが現実です。
気軽に直取引で本屋をはじめる人はまずいないでしょうが、本屋の経営がいかに大変かは知っておく必要があるでしょう。