帳合変更とは?あなたが知らない「出版取次」の仕事

日本では全国どこで本を買っても基本的に価格は同じです。
いまや当たり前になっている、この本の特徴も実は他の業界にはない特殊な制度や仕組みによって支えられています。

それが「取次」、「再販制度」、「委託販売制度」の3つです。

今回は「取次」と「再販制度」について、それぞれの仕組みと意味について考えてみたいと思います。




取次の主な役割とは?

出版業界は基本的に出版社・取次・書店の三者によって成り立っています。
その中で、本の流通を担うのが取次の主な役割です。
出版流通の仕組みの図を見ながら考えてみましょう。

出版流通の仕組み

黄色に囲まれた取次は出版社と書店の間に入って、本の受け渡しを行っています。
取次は出版社から本の流通を頼まれて、責任を持って書店に本を届けます。

書店から本の注文があった場合は取次が文字通り「取次ぎ」をして出版社に本の注文をします。
また、本の代金の精算などについても出版社と書店の間に入って、一括して行っています。

このように、取次は主に本の卸業者として本の流通を担っているのです。

新刊の配本数を決める、取次の重要性

本の流通以外にも、取次には重要な役割があります。
それが「新刊をどの書店に何冊くらい配本するか」を決めることです。

取次は過去の書店の売り上げデータから、各書店にふさわしい数の新刊を配本します。これは非常に重要な役割といえます。

なぜか?
出版社は新刊を出すときに「新刊の受注がいまのところ〇〇冊だから、これくらいは売れそうだな」と予測を立てます。
こうして事前に集まった新刊の注文数をもとに発行部数を決めるのが基本的なやり方です。

当然ですが、新刊はこの発行した部数分しかありません。
ですから、あまり販売実績のない(つまりは売れない)書店に新刊を多く配本してしまうと、多く売れている書店の店頭在庫がなくなってしまうのです。

新刊がもっと売れるはずの書店で在庫が切れてしまえば、それはただの機械損失になります。

新刊主義(新刊を出すことで資金繰りをする)に陥っている出版業界では1日200点とも言われる新刊が発売されます。

ですから、すべての新刊について書店側が注文冊数を決めるのは不可能です。
そこで、取次は過去のデータに基づいて新刊の配本を取次が決めています。

ただし、このデータは正確とは限りません。

実際に業務を行っていると「ちょ、この店にこれだけしか入れてないの?!」というケースは多々あります。
取次に甘えていてはいけませんが、取次のデータはまだまだ精度を上げる余地がありそうです。

書店は本を返品することができる

日本の出版業界には委託販売制度があります。これは出版社が書店に本の販売を委託するというものです。

出版社は基本的に店舗を持ちませんから、オンライン販売以外に関しては販売を書店に委託する必要があるのです。

委託販売制度の中で特に注目すべきなのが「返品」です。
これは出版社から仕入れた本を、書店は原則として自由に返品できるという制度です。

通常の小売業界であれば、仕入れた商品は買い取り、売れ残った場合には小売業の在庫となります。
しかし、出版業界においてはこうした買い取りという仕組みは基本的にありません(一部の買い取り契約を除く)。

書店は売れると思う本を取次から仕入れ、販売します。
思ったように売れなかった場合は取次に返品します。

こうした仕組みがあるからこそ、書店は売れ残りを気にすることなく、仕入れを行うことができるのです。

取次は2大巨頭に収斂する?

こうのようにして取次は本の流通を担っていますが、出版業界が厳しい状況にあるので、当然のように取次会社も苦戦を強いられています。

わかりやすい例でいえば、取次シェア第3位の大阪屋が2013年に自社ビルを売却しました。
そして、実際に仕事をしていると大阪屋から他取次への「帳合変更」のお知らせFAXが頻繁に届きます。

太洋社も同様に自社ビルを売却していて、こちらも「帳合変更」が多く見受けられます。

この「帳合変更」によって、どの取次へ帳合が変更されるのか?
それは言うまでもなく、二大取次会社と言われる日販とトーハンです。
わかりやすく言うと「ライオンがネズミを食っている」状態です。

出版業界の縮小は取次業界の再編にもつながっていて、今後はこの二大取次に集約されていくのではないかと個人的には考えています。

まとめ

出版業界にいないと絶対に知らないであろう取次会社。
外から見たら、何をしているのかわかりません。でも出版業界においては非常に重要な役目を担っています。

表には決して出てきませんが、裏からそっと支えてくれる取次会社。
出版営業の立場からしても、大切にしたい存在です。今後もよろしくお願いします。

関連記事:これでわかる!「再販売価格維持制度」のメリットと仕組み

関連記事:取次シェア第3位の大阪屋が大幅な赤字を発表