丸善とかジュンク堂のような大型書店の楽しみ方

本屋に行くと、もう無条件で楽しいです。
街の小さな本屋さんも好きなのですが、なんだかんだいって大型書店が好き。

わたしが本屋を好きな最大の理由は、ふだん味わうことのできない圧倒的な蔵書に囲まれるあの感覚。
人類の叡智を目の前にして、絶対に一生かけても読むことができない絶望感と戦いつつ本屋を歩くのが好きです。

あの恍惚は大型書店以外では得られません。




文教堂よりも丸善とかジュンク堂が好き

具体的なチェーン名を挙げてしまいますが、文教堂は何度足を運んでも好きになれません(文教堂で働いている方はゴメンナサイ)。

文教堂にはたまに足を運ぶこともあるのですが、どうしても気分が乗らない。

理由をいろいろ考えてみましたが、ただ単純に店内の雰囲気によるものだと結論づけました。

しょせん、「ガワ」でしかモノを語れない人間なんですが、大型書店の蔵書空間に対する憧れみたいなものは多分一生失せないと思います。

本が黄ばんでたり焼けてるのもGOOD!

時間があるときは大型書店に行って、自分の好きなジャンルの本を端から端まで眺めたりします。1冊1冊、入念に。

面陳や平積みはもちろんですが、差しも欠かさずチェック。
棚差しの本をチェックするときの密かな楽しみが、「焼けてしまった古い本」を見つけることです。

大型書店ですから、そりゃもう本がたくさんあります。
書店員さんはいろいろな基準で返本をしますが、なかなかすべてを見きれない。

そんな書店員の返品をかいくぐって、棚差しで息を潜めている本がわたしは大好きです。
もしかしたら、ただの書タレかもしれませんね。

棚を見ていれば、背表紙でなんとなくわかるんですよね。そういう本って。
どことなく背中に哀愁があるというか。

いつかバレるんじゃないかとビクビクしている感じもあります。

そういった本を手にとっては奥付をチェックし、初版の日付を確認。
返品されないように、気配を消すんだぞー。と心で唱えながら、そっと棚差しに戻します。

書店員さんにとってはとんでもない話なんですけどね。
こういう本屋の楽しみ方をしている人間もいるので、書タレを出してもどうか落ち込まないでいてくれたら嬉しいです。