読まずに積ん読している本を「無駄死にさせない」読書術3選

本屋で「これ面白そう!」と思い、意気揚々と本を買っても、その情熱はあっという間に失われるもの。
なんでこんな本買ってしまったんだろう?と悔やんだことがある人も多いのではないでしょうか。

どんなジャンルの本であれ、自分に合わない本というのは存在します。
ですから、いざ読むのを辞めたときでも、その本を適切に処理すれば心理的な負担も軽くなるのです。

読む気が失せたあの本を無駄死させない方法を3つご紹介します。

スポンサーリンク

なぜ読書をする気が失せてしまうのか?

自分にピッタリと思って本屋で購入した本でも、読み進めていくうちに「あ、ダメだこりゃ…」と感じることは必ずあります。
何も考えずに本を捨てるという方法もありますが、その前になぜ本を読む気が失せてしまったのか、簡単な分析をしてみることが大切です。

本を読む気が失せる原因には大きく分けて3つあります。

  • 1. 知識量が足りない
  • 2. 文体が肌に合わない
  • 3. 内容がつまらない

1. 知識量が足りない

読書を挫折する原因として最も多いのが、知識量の不足です。
もっと具体的にいえば「何を言っているかわからない」「言い回しがむずかしい」「漢字が読めない」といった理由です。

これは端的にいえば自分のレベルに合った本を選べていない状況です。
ですから、決して自分を責めてはいけません。どんな知識人でもレベルの違いはあれど、直面しているからです。

もし本を読んでて自分の知識が足りないな、と感じたら本を閉じてしまいましょう。
いさぎよく他の本を探すか、あるいはそのテーマについて知りたいのであれば解説本や入門本から入ってみるといいでしょう。

最近は難しい本でも、読みやすい漫画版が出ていることがあります。
自分の知識量の不足を責めるのではなく、少し視野を広げて本選びをし直すことをオススメします。

2. 文体が肌に合わない

どんなベストセラーでも、どんな売れっ子作家の本でも、書いている人の文体が自分の肌に合わないという事態は発生します。
これは小説に顕著な例ですが、ビジネス書や実用書でも同じこと。

「なかなか結論を言わない」
「情景描写が多すぎる」
「表現がむかつく、鼻につく」

こういった感情を少しでも抱いたのであれば、その本(あるいは著者)は自分に合わないと結論づけて他の本を選んでください。

大丈夫、その著者の本が読めなくたって面白い本は世の中にまだまだたくさんあります。

3. 内容がつまらない

知識量が足りていても、文体が合っていても、そもそも内容がつまらない本はたくさんあります。
こればかりは人それぞれ、モノの見方や価値観がありますから仕方がありません。

個人的には情景描写や心情描写に2ページ、3ページも割いていると、その時点でその小説を読む気がなくなります。
こういった具合に、趣味の読書である以上は自分の好き嫌いに忠実になってもいいのです。

読まないと決めた!でも無駄死させるのはイヤ…!

「うぅ…せっかく買ったのに…」という感情はどんな人にでもあります。
価格の安い文庫や雑誌であればまだあきらめがつくかもしれません。しかし、ハードカバーや高価な本を買ってしまうと、どうしても潔く読み捨てる気持ちにはなれないものです。

では、読む気が失せた本はどのように活用すればいいのでしょうか?

  • ・本棚に並べて教養アピール
  • ・装丁が美しいならインテリアにする
  • ・◯年後に読む!と決めて熟成させる

本棚に並べて教養アピール

自分の家に本棚があり、なおかつ来客が多い人はキレイに本棚に並べておきましょう。
本の内容やタイトルにもよりますが、本がたくさん並んでいるだけで知的な空間を演出できます。
当然ながら自己満足の域を出るものではありませんが、本を捨てて自責の念に駆られるよりはよっぽどマシです。

著名なビジネス人や大学教授などのインタビューの多くは、なぜか本棚を背景にして撮影されることが多いですよね。
これはたとえインタビューで陳腐なことを言っていても、背景が本棚だと3割増しになるからです。

あれは知的な演出の1つであって、それだけ人間は視覚から受ける印象が大きいということです。

装丁が美しいならインテリアにする

本の内容でなく、思い切ってジャケ買い(表紙だけで買うこと)してみた!というケースも多いのではないでしょうか。
ジャケ買いした本がつまらなかったら、それは潔くインテリアに回しましょう。

その際は、いわゆる「面陳(表紙が見えるように並べること)」にして、存在感を打ち出してください。

写真集や画集などがインテリアには最適ですが、分厚いハードカバーでも十分インテリアになります。

◯年後に読む!と決めて熟成させる

とある雑誌で、女優の二階堂ふみさんについて書かれている記事がありました。
二階堂さんは「自分の成長度合いを知るために、1年に1回は太宰治の『人間失格』を読み返す」のだそうです。

「これはこれでめんどくさい女だ」などと雑誌では切り捨てられていましたが、個人的には効果的な取り組みだと思います。

いまは読めないけど、時間を置いて読み返してみる。すると、そのうち読めるようになっているかもしれません。
さらにいえば、1回めの読後感と2回めの読後感が違っているのであれば、それは自分の成長(後退?)と捉える良い機会になります。

定期的に読み返す本を1冊決めると、自分の現状を知る良いキッカケになるでしょう。

読む気が失せても大丈夫!自分なりの本の処置方法を身に付けていれば、本をもっと楽しむことができるはずです。
さあ、明日からはジャンジャン本を買っちゃいましょう。