あなたは何問正解できる?知ってても得しない出版業界クイズ!【全般編】

出版業界にいても、実は知らないことがいっぱい。
中には知っておくべきことがたくさんあるけど、知らなくても充分生きていける知識だってたくさんあります。

そこで今回は、知らなくても生きていける知識を厳選してクイズ形式で出題していきたいと思います。

解答は最後にまとめて発表いたします。




Q1、新刊発行点数が1番多いのは講談社。では2番目に多いのは?

  • 1、角川書店
  • 2、小学館
  • 3、新潮社

Q2、次の中で最も書店数が多いのはどこ県?

  • 1、福岡県
  • 2、愛知県
  • 3、埼玉県

Q3、次の中で最も出版社数が多いのはどこの県?

  • 1、石川県
  • 2、岡山県
  • 3、沖縄県

Q4、次の出版社のうち朝日新聞の日曜日の書評欄で「書評」または「紹介」された冊数が多いのはどこ?

  • 1、新潮社
  • 2、みすず書房
  • 3、講談社

Q5、一ツ橋グループを形成する主な出版社は次のうちどれ?

  • 1、岩波書店と河出書房新社
  • 2、小学館と集英社
  • 3、講談社と光文社

では、出版社クイズ正解発表です!

さて、今回はかなりコンパクトに5問出題いたしました。
早速、1問ずつ解答を見て行きましょう。

Q1、新刊発行点数が1番多いのは講談社。では2番目に多いのは?

  • ◯1、角川書店
  •  2、小学館
  •  3、新潮社

正解は1番の「角川書店」でした。
新刊書籍の発行点数は講談社が2359点でダントツ。
2位の角川書店は1055点。ちなみに小学館は1011点、新潮社は626点でした。
(『出版年鑑』2009年・2010年版より)

Q2、次の中で最も書店数が多いのはどこ県?

  • ◯1、福岡県
  •  2、愛知県
  •  3、埼玉県

正解は1番の「福岡県」で279店でした。
愛知県は241店、埼玉県は203店となっています。
(『出版年鑑』2009年・2010年版より)

Q3、次の中で最も出版社数が多いのはどこの県?

  •  1、石川県
  •  2、岡山県
  • ◯3、沖縄県

正解は3番の「沖縄県」。
日本の出版社は4分の3位上が東京に集中しています(2988社)。
沖縄県は16社、岡山県は14社、石川県は8社です。

Q4、次の出版社のうち朝日新聞の日曜日の書評欄で「書評」または「紹介」された冊数が多いのはどこ?

  •  1、新潮社
  •  2、みすず書房
  • ◯3、講談社

正解は3番の「講談社」で211冊
(抽出期間は2009年1月18日〜2010年10月24日)

新刊書籍発行点数の多さも手伝っているのでしょう。
みすず書房は37冊、新潮社は204冊という結果に。
新刊点数からいうと、新潮社が多く取り上げられている傾向があるといえます。

Q5、一ツ橋グループを形成する主な出版社は次のうちどれ?

  •  1、岩波書店と河出書房新社
  • ◯2、小学館と集英社
  •  3、講談社と光文社

正解は2の「小学館と集英社」でした。
3の「講談社と光文社」は一ツ橋グループに対して「音羽グループ」を形成しています。
詳しくは「一ツ橋」、「意外と知らない講談社と傘下の光文社の関係とは?」を参照。

以上、知ってても得しない出版業界クイズでした!