世界のお茶専門店ルピシアが「お茶の本」を全国の書店で販売

女性誌の付録が爆発的な売り上げを上げていたのは、もう昔の話。
いつからか、本と雑貨を組み合わせて販売するケースが当たり前になりました。

個人的に特に印象に残っているのが『ELLE DECO(エル・デコ)』の付録。
それはもう、カオスといってもいいくらいに付録がすごいです。
折りたたみ傘が付いていたり、有名ブランドのグラスが付いていたり…。
でもこれがよく売れるんです。予約だけでいっぱいになることもしばしばです。




ルピシアが数量限定で「お茶の本」を発売

そんな中、あのお茶の専門店「ルピシア」がティーバッグ30種と限定品を詰めあわせた商品を発売します。
その名も「ブック オブ ティー 100」。今回でシリーズ6作目です。
発売日は9月25日。書店や通信販売、ルピシア店頭で購入することができます。

スタンダードな紅茶(アフタヌーンティー、ベルエポック等)、日本茶(宇治やぶきた、鉄観音等)をはじめ、華やかに香るフレバードティー(バニラ、ネプチューン等)、身体に優しいハーブティー(ラビアンローズ、生姜な紅茶等)まで多彩なお茶が楽しめる【さくらフィナンシャルニュースより】

ルピシアはショッピングモールなどにも出店しているので、ご存知の方も多いかと思いますが色々なお茶が売っていてけっこう楽しい。
お茶のことは詳しくないけど、ちょっと試してみたいという人にはピッタリの商品かもしれません。
価格は5400円(税込)で、数量限定販売とのことです。

【参考サイト】書店でも購入可能な飲める「お茶の本」発売