パターン配本は悪影響?取次に仕入れを依存する本屋の大問題

出版社で営業をしていて感じるのは、やはり不可解な出版業界の慣習です。
その中でも、際立っているのが取次の強大な力です。

そして、その取次の力を良くも悪くも強く感じるのが「本屋の意向を無視した配本」であります。
今回は取次のそもそもの仕組みから、なぜ取次は自由に本を送りつけることができるのか?について考えてみたいと思います。




出版社の営業は「本屋の展開場所を勝ち取る仕事」

「出版社の営業って、どんな仕事してるの?」

これは私が友人からたびたび受ける質問です。
おそらく、外から見ていると出版社の営業が何をやっているのかなんて検討もつかないのだと思います。

その証左として「本屋に行って、店頭で担当者と話をして本をお店に置いてもらうんだよ」って言うと「へー!そんなことしてるんだ」と驚きの声が返ってきます。

出版社の営業がやっている仕事のほとんどがそんな感じの内容です。
つまり、本屋に並んでいる本は基本的には出版社の営業努力によって勝ち取ったものなのです。
勝ち取るなんて大仰な表現ですいません。

取次は独断で本屋に本を送りつけることができる

ところが、その出版社の営業努力とは関係ないところで場所が割かれることがあります。
それが取次の配本です。

わかりやすく言えば、取次が本屋の意向に関係なく、取次が必要だと思った本を本屋に送りつけることを指します。
「出版社の営業努力とは関係のないところ」と言いましたが、厳密にいえば出版社の営業は取次に営業をかけています。

出版社の営業は「本屋で展開場所を勝ち取る仕事」なので、それは必ずしも本屋の担当者とのやり取りだけではありません。
自由に配本ができる取次の強大な力を借りるために、出版社は取次にも営業をかけています。

ですから、取次を動かすことができれば出版社は労せずして本屋に本を並べることができるわけです。

こう言ってしまうと、結局は出版社もグルになって本屋に本を送りつけているだけじゃないか、と思われてしまうかもしれません。
しかし、ここで言いたいのは取次が配本冊数を自由に決める仕組みが存在しているということです。

取次に売れている本を紹介すれば、本屋に本が届く

ややこしいかもしれませんが、つまりはこういう流れです。

  • 1、出版社は取次に対して「いまウチではこんな本が売れてます」と紹介する
  • 2、取次は「わかりました。では、仕入れる本屋を決めて注文出します」
  • 3、取次は本屋ごとのデータを見て注文冊数を決めて配本する
  • 4、本屋の担当者は頼んでもいない本が届き困惑する

ポイントは4です。
取次が注文冊数を決めて配本をすると、ほとんど場合は本屋にそのことが知らされません。
もちろん、中には取次の営業担当が各お店に「今度こんな本が入るよ。よろしくね」と伝えているケースも少なからずあるでしょう。

しかし、多くの場合は本屋の仕入れ担当が関知しないところで本が発注され、入荷してきます。
本屋からしてみれば「ちょ…こんな本、注文してないよ」と困惑するばかり。

困った本屋は何も知らずに、入ってきた本をそのまま返品にまわしてしまうことだってあります。
そんなことになれば、ただただ返品率が上がってしまうだけです。

こうしたケースが日常的に繰り広げられています。
一般的な小売りのことに詳しくはないので断定的なことが言えませんが、こんな仕組みが成り立っているのは出版業界くらいなのではないでしょうか。

とはいえ、取次によって救われる本屋もある

ここまでは取次の配本に批判的なトーンで書いてきましたが、一方でこうした取次の力があるからこそ救われている本屋があるのも事実です。

というのも、大きな本屋であれば出版社の営業が出向いて新刊や売れ筋の案内をするので仕入れには事欠きませんが、地方の本屋や中小の本屋は営業が来ることがほとんどありません。

そうすると、いま出版業界では何が売れていて、何を仕入れて、何の本を売るべきなのかがわからなくなってきます。情報が入ってこないのです。

そこで活躍するのが取次です。
取次はどんなに小さいお店であっても、ほとんどのケースで担当者が付いています。

出版社の営業が行かないようなお店であっても、取次があるおかげで売れ筋の本が入ってくるわけです。

出版社の営業の手がまわらないお店を取次の支店が補ってくれていると考えるのがいいもしれません。

出版業界の良し悪しを考えるときに、わたしは真っ先にこの物流の仕組みが浮かんできます。
こうした仕組みの改善によって、少しは出版業界がちがう方向に進むのではないかなと、ひそかに思っているのであります。