出版・書店業界がわかるWebマガジン KOTB(ことびー)

知りたいキーワードを検索

Amazonが動き出した…!電子書籍の定額読み放題がついにスタートへ

公開日:2016/06/29 
アマゾンの書籍定額読み放題

日本の出版業界を良くも悪くも変えてきたAmazonが、ついに動き出しました。
アメリカ国内では始まっている電子書籍の定額読み放題のサービスを、ついに日本でもスタートさせるようです。

報じているのは朝日新聞デジタル

毎月一定金額を払えば、複数の出版社が提供する書籍を読み放題にするとのこと。
価格はおおむね毎月1000円程度になるようです。

文芸書については刊行後2〜3年が経過した本が対象で、すでに複数の大手出版社が動き出しています。

明確な開始記事は明らかになっていないようですが、出版社が定額読み放題のタイトルを提供するのは事実のようです。

書籍の定額読み放題が始まると、どのような影響が起こるのでしょうか?

スポンサーリンク

紙の本が売れなくなる危機が迫る

極端な話、すべての出版社が全タイトルを定額読み放題の作品に指定したとしましょう。
すると、読者は相対的にお買い得な電子書籍に走ることは必至です。

ということは、紙の本が売れることはなくなります。
一見すると、「紙の本が売れなくても、月額料金がもらえるから平気じゃない?」という考えが浮かぶかもしれません。

しかし、じつはこれは大きなまちがいです。

以前の記事で、ドコモのdマガジンについて説明しました。
定額読み放題サービスは、「ユーザーの滞在時間やPVに応じて課金が配分される」という仕組みをとっています。

つまり、Amazonの書籍定額読み放題サービスでも同じような仕組みになることが想定されるでしょう。

すべての本が、等しく読まれるなんてことはありません。
読まれる本もあれば、読まれない本もある。これは当然です。

もし定額サービスでほとんど読まれない出版社の本があったとすると、新刊を出したのに一銭もお金が入らないことになります。

Amazonの定額読み放題サービスは、多くの読まれる本(いわば、読者ウケがいい本)を出せる出版社が有利になります。
一方で、ニッチな(読者数が少ない)タイトルは必然的に淘汰され、出版業界から去るしかなくなるでしょう。

いまはまだ紙の本が健在ですが、定額読み放題が広がれば広がるほど、読める本のジャンルやタイトル数、つまりは出版の多様性は失われるかもしれません。

 


  • Webマガジンの購読はコチラ

  • 新着記事

  • 記事カテゴリ

  • コトビーのライター募集
  • コトビーの本屋PR大作戦
  • コトビーについて