読書効果を高めたければ100円ショップの「ふせん」を買いなさい

本の読み方は人それぞれ。
また、本のジャンルによっても読み方は変化します。

作品に入り込むことがメインになる小説であれば、時間をゆっくりとって読むのがベスト。

仕事力や人生を高めるために読むビジネス書は、効率的に読むのがベストです。




わたしが本に付箋を貼る理由

どっちで読む?電子書籍と紙の本を上手に使い分けるコツ」でも取り上げましたが、わたしはビジネス書を読むときにはポストイット(ふせん)を貼っています。

本を読んで「これは使える!」とか「これなんだよなぁ」という気付きがあったらスグにポストイット!
すぐに目印をつけておかないと、読んだすぐあとに忘れていることがあるからです。

みなさんはどうでしょうか?
読んだ本をどれくらい覚えていますか?
読んだ内容を、どれくらい実生活に生かせているでしょうか?

わたしは、さきほど説明したとおりスグに忘れてしまうタイプです。
そのため、目印をつけて「振り返りやすい」状態へと、本を作っていきます。

つまり、読書をしながら「本を自分仕様の1冊に作り上げる」というイメージです。
1冊読み終えたあとには、ふせんの数だけ気づきが軌跡として残ります。

あとは「そういえば、あの言葉ってドコに載ってたかな?」と思ったら、すぐに本をパラパラめくるわけです。

(※ちなみに「ポストイット」は3M(スリーエム)社の商標のようです。1つ勉強になりました)

ふせんをつけない読書は非効率!

もしふせんをつけないで本を読むとどうなるでしょうか?

ふせんなしの読書では以下のようなデメリットが発生します。

  • ・あとで検索するときに不便
  • ・能動的な読書ができない

あとで本を検索するときに不便

つまらない本であれば振り返ることもないので付箋なしでも問題ないでしょうが、自分が面白いと感じた本であれば話は別です。
ふせんをつけることで、気になったページや行をその都度チェックすることができます。

ふせんが無いと、せっかく良いと感じた箇所を振り返りにくくなります。

厳しい言い方になりますが、読んだことを生かせない読書は「ただのムダな時間」を過ごしたことにしかなりません。

ふせんを貼れば、読んだ内容を全部覚えておく必要がありません。
記憶を捨てながら読書ができるので、1行1行が新鮮に頭のなかに入ってきます。

能動的な読書ができない

わたしは「読書をしている自分、ええやん」という感覚が大事にしている人間です。
つまり、カッコよさを重視してしまう傾向があります。

しかし、カッコつけるだけの読書ではなんとももったいない。
やはり、本の内容を身につけてこその読書です。

ふせんを貼ることを覚えると、意識的に自分が気になる言葉をさがすようになります。
つまり、自分のなかで「能動的な取捨選択」が起こるわけです。

読んでみて「ふせんを貼るに値する!」と感じた箇所はまちがいなく大切にすべきです。
反対に、「ふせんを貼ろうと思えない」と流しているところは自分にとって不要です。

こうした意識を持って読書ができるのは、ふせん読書の大きなメリットといえるでしょう。
ふせんがないと、どうしても漫然と読みがちですので気をつけたいところです。

100円ショップ「ダイソー」のふせんが劇的にオススメ!

さて、ここまでふせんふせんと言ってきましたが、いよいよ本題であるオススメふせんのコーナーに入りたいと思います。

本来であれば「ふせんならテキトーに買えるやつで平気だよー」と敷居を低くすべきです。
そうすれば、誰もが”付箋読書”を始めやすいですものね…。

しかし、わたしはあえて入り口を少しだけ狭くしてみたいと思います。
なぜなら、そのほうが圧倒的に意味ある付箋読書ができるから…!

前置きが長くなりましたが、わたしがオススメする付箋は100円ショップ「ダイソー」の付箋です。
「フィルムふせん ポップアップ・スリム(G-99 195)」という品番の商品です。

付箋読書1

このカラフルな付箋、見た目はもちろんですが、使い勝手も非常に優れているのです。

なぜこの付箋でなければいけないのか?
なぜ入り口を狭くしてまで、この付箋を激推しするのか?

その理由は大きく分けて3つあります。

  • 1. 超安い
  • 2. 携帯しやすい
  • 3. 1行ごとにマーキングできる

1. 超安い

言うまでもなく、100円ショップなので100円で買えます。
スリーエムなどの一流文具メーカーでもポストイットは発売していますが、ハッキリ言ってダイソーの付箋で十分です。
というより、読書効率における費用対効果では上を行ってるといっても過言ではない。

このダイソーの付箋は180枚入りなので、おおむね5〜10冊分の付箋読書に耐えることが出来ます。

2. 携帯しやすい

カラフルな見た目が、人を引き付ける付箋ちゃん。
しかし、じつは見た目だけではなく持ち運びにも便利な機能が…!

と、ここまで持ち上げるほどでもないかもしれませんが、付箋ケースのウラが両面テープになっています。

ですから、ブックカバーのソデに貼るようにすると外出先でも気兼ねなく付箋読書ができます。

付箋読書3

付箋読書4

3. 1行ごとにマーキングできる

ここまで2つの理由は、正直言ってほかの付箋にも当てはまるものです。
ではなにがちがうのか?
わたしがこの付箋ちゃんを激推しする最大の理由は「細さ」にあります。

この付箋、写真を見てもらえばわかりますが、非常に細い。相当スリムです。
なぜ細いといいのでしょうか?

その理由は「1行ごとにマーキングしやすい」ことにあります。
わたしはページ全体というよりは、気になった行を付箋で狙い撃ちにしています。

付箋読書2

こうすることで、欲しいと感じた文章にスグにたどり着けるわけです。

また、付箋が透明なので文章を隠すことなく貼れるのも大きな魅力といえます。

でも正直、改善してほしいところもある…

「いやいや、同じような付箋ならドコにでも売ってるじゃん」

早くもそんな声が聞こえてきそうです。
しかし、残念ながらこの細さと使いやすさを備えた付箋は他に売っておりません(けっこう探しました by コトビー調べ)。

それだけ付箋読書に最適なダイソーの付箋。
本当であれば絶賛の嵐で幕を閉じたいところなのですが、じつは改善してほしいところもあります。

  • ・両面テープの粘着力が弱い
  • ・付箋の表面がベタついていることがある
  • ・在庫量が少なすぎる

両面テープの粘着力はあまり強くないので、剥がれることがあります。
これは出先など不安定な場所で付箋読書をするときに不便です。
ケースごと剥がれるので、予期せぬ場所で落とす心配があるのです。

また、付箋の表面がベタついていることがあるので、ページに貼って本を閉じると開きにくくなることがあります。

あと、単純に在庫量が少なすぎます。
わりと大きなダイソーじゃないと扱っていないこともありますし、置いてあっても残り数個、なんてことも。

大量購入してストックしたいくらいなので、在庫量が増えることを祈るばかりです。

かなり細かいのですが、以上3点の改善を要求します。
ダイソーの方が見てることを祈りながら…。

付箋読書で余計なメモリーを節約しよう!

付箋読書の魅力は、なんといっても「忘れられること」です。
もちろん覚えていることに越したことはないのですが、本の内容をすべて覚えるのは不可能です。

だから、気になった箇所には付箋を貼るわけです。
忘れながら読書をすると、脳内メモリーを一定に保てるので入ってくる情報が新鮮に感じられ、スッキリと本が読めます。

さあ、あなたも「付箋読書」はじめて見ませんか?