おすすめの和書

仕事をする人は知っておかないとヤバい事実『アフターデジタル』【デジタル化された社会で生き残るための本】

『アフターデジタル』を読んだ感想をレビューします。要約すると「個人データに基づいて社会システムが構築される未来」が描かれてます。この本を読むと日本が中国よりもだいぶ遅れていることを痛感します。
おすすめ英語教材・本

1冊の英語教材を最後のページまでやり抜く「メンタル力」の作り方【+同じ本を何周もやる方法】

英語の勉強は挫折がつきもの。1冊の英語本を最後のページまでやり抜くのは簡単ではありません。でも、英語の教材は選び方さえ間違わなければ、最後まで続けられます。正しい英語教材を選んで、挫折なしで英語を身につける方法を解説します。
本の選び方

「読みたい本がない…」→ おもしろい本がスグに見つかるオススメの探し方5選

本を読みたいのに、自分的にグッとくる本が見つからないときってありますよね。 僕は週4〜5で本屋に行ってるんですけど...
おすすめの和書

「地理」の雑学が面白く読める『人生が変わるすごい地理』

『人生が変わるすごい「地理」』の書評&レビューをご紹介します。雑学的に読む本としてはおすすめですが、タイトルがちょっと大げさかな…というのがリアルな感想です。
おすすめの和書

東京の「変な外国人」から語学を学ぶメンタルの強さ『異国トーキョー漂流記』

高野秀行著『異国トーキョー漂流記 (集英社文庫)』を読んだ感想をレビューします。おもに「外国人から外国語を学ぶ話」を中心としたエッセイなんですが、笑えるエピソードも盛り盛りです。おすすめの1冊。
おすすめの和書

世界中の珍しい国が超面白い!知らない国が楽しく読める『国マニア』

『国マニア 世界の珍国、奇妙な地域へ! (ちくま文庫) 』を読んだ感想をレビュー。世界情勢や地理が好きな人、あるいは国についての雑学に興味がある人にはおすすめの1冊です。
おすすめの洋書

【時間術が身につく洋書】”Make Time”を読んだ感想。時間の使い方が劇的に変化した

洋書"Make Time"を読んだ感想とおすすめポイントをご紹介します。わかりやすい英語で書かれていて、イラストも豊富なので挫折しにくいはず。僕が初めて読破できたペーパーバックです。
おすすめの洋書

洋書を多読!”Ever Wonder Why?”で雑学の知識を身につける【読んだ感想】

”Ever Wonder Why?”で洋書多読!読んだ感想をご紹介します。”Ever Wonder Why?”は雑学(トリビア)が書かれた本です。むずかしい単語も多いけど、見出しも多いのでおすすめです。
おすすめ英語教材・本

「いろんな本で英語を勉強する」or 「同じ本を何度も繰り返す」【どっちが効果アリ?】

英語の本は「1冊を繰り返して何周もすべき」なのか、あるいは「いろんな本を読んでみるべき」なのか。英語学習で効果があるのはどっちなのか?僕の経験をもとに考察してみました。
読書

雑音や騒音でも本を読める!「読書に集中できない」を解消する3のコツ

周囲がうるさかったり、人の話し声で読書に集中できない。そんな騒音に悩む人におすすめの「読書への集中力を高める」方法について解説します。これでまわりの音に惑わされずに済むはずです。
スポンサーリンク