せどり

「せどり」とは、古書店等で安く売っている本を買い、他の古書店等に高く売って利ざやを稼ぐ(転売)こと、またはそれをする人を指す。

つまり、安く買って高く売ること。これによって生計を立てる人も存在する。
ブックオフの台頭によって、古書に関する知識がなくてもせどりをする事が可能になった。

手法としてはいくつも存在するが、一般的には専用のバーコードリーダーで本を読み取り、Amazonで価格を比較するという方法がとられる。

出版・書店用語本の用語
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
アユム

「読みたい本が見つかる」をコンセプトに、洋書・和書問わず読んだ本の感想を発信中。出版社や書店員としての勤務経験をもとに、読書についての話題を豊富に扱っています。いまは英語の勉強を頑張る日々です。株式会社ミシェルベース代表取締役。本のWebマガジン「コトビー」代表。

アユムをフォローする



いま読むべき本がわかるWebマガジン コトビー