ゾッキ本

ゾッキ本」とは安い価格で販売される本。新古本、バーゲンブックのこと。
出版社が見切り本として安く販売する場合や、倒産した出版社の本をゾッキ本と呼ぶ。
また古書市場において再販制度の流通に乗ることがなく、販売される本のこと。

新刊書店でバーゲンブックフェアなどが開催されることがあるが、そこに並ぶ商品は多くの場合このゾッキ本である。


出版・書店用語 書店実務 本の用語
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
Ayumu Yuasa

ライター。書店と出版社での仕事を経験後、本と英語のWebマガジン「コトビー」を運営。2017年より株式会社ミシェルベース代表取締役。1988年、千葉県生まれ。読書量は年間200冊ほど。ビジネス書が好きです。

Ayumu Yuasaをフォローする



本と英語のWebマガジン コトビー