ノンブル

ノンブル」とは、各ページの番号のこと。ページ数。フランス語のnombre(数)に由来します。

ノンブルの付け方には主に以下の2種類があります。

  • ・「通しノンブル」⇒全ページに順番に番号をふる方法。小説など内容がひとつづきになっている本に使われる
  • ・「別ノンブル」⇒目次や序文、本文などで区切ってページ番号を打つ方法。内容の集合ごとに分けられる場合もある
    【例】1-1,1-2,….2-1,2-2

ノンブルを付ける位置はページ上部・下部、中央・端など色々なパターンがあります。

出版・書店用語出版社本の用語編集・製作の用語
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
アユム

ライター。書店と出版社での仕事を経験後、本と英語のWebマガジン「コトビー」を運営。2017年より株式会社ミシェルベース代表取締役。現在の目標は1日1冊、洋書を読むこと。1988年、千葉県生まれ。読書量は年間200冊ほど。

アユムをフォローする



本と英語のWebマガジン コトビー