フーダニット

フーダニット」は推理小説の用語。
ストーリーを通して「誰が犯人なのか?(who done it?)」を重要視する作品のことを指します。

推理小説の歴史は「誰が犯人なのか?(who done it?)」にはじまると言われます。推理小説のモチーフは時代を経るごとに変化します。
その変化は主に「なにをストーリーの主題に置くか?」によって決まってきます。

その移り変わりは一般的に以下のように推移していくと言われています。

「誰が犯人なのか?」フーダニット (who done it?)

「どのようにして犯行を遂げたのか?」ハウダニット (how done it?)

「なぜ犯行を犯したのか?」ホワイダニット (why done it?)

推理小説の系譜は犯人当てにはじまり、犯行手段をメインに置いたものから、社会的な動機を主題に置いたものへと移り変わってきています。

また、それ以外には「外とのつながりを断たれた状況の中で起こる事件」を主題に据えたクローズドサークルという推理小説の種類もあります。

出版・書店用語 本の用語
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
Profile
Ayumu Yuasa

ライター / 映像編集者
1年間で200冊くらい本を読んでます。読書ブログ「コトビー」(月間10万PV)を運営。「つぎに読む本」が見つかるような発信を心がけています。書店員および出版社での仕事を経験後、独立しました。2017年より株式会社ミシェルベース代表取締役。本と本屋が好きです。

Ayumu Yuasaをフォローする



読書ブログ / コトビー