ポプラ社小説大賞

ポプラ社小説大賞」とは、ポプラ社が主催する文学賞。

エンターテイメント小説を対象とする公募の新人文学賞で、2005年に公募を開始。
選考はポプラ社の編集部員と営業部員を含む社員によって行われます。大賞受賞者には賞金2000万円、優秀賞には賞金500万円が贈呈されます。

2010年の第6回でポプラ社小説大賞は終了し、後継の文学賞としてポプラ社小説新人賞が創設されました。
ポプラ社小説新人賞の大賞賞金は200万円。

2010年のポプラ社小説大賞では俳優の水嶋ヒロが「齋藤智」名義で投稿した『KAGEROU』が大賞を受賞し、話題となりました。


出版・書店用語 文学賞
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
Ayumu Yuasa

ライター / 映像編集者
千葉県生まれ。書店と出版社での仕事を経験後、本のWebマガジン「コトビー」を運営。2017年より株式会社ミシェルベース代表取締役。読書量は年間200冊ほど。ビジネス書が好きです。

Ayumu Yuasaをフォローする



コトビー / KOTB