伊坂幸太郎

伊坂幸太郎(いさかこうたろう)」は、日本の作家・小説家。
1971年5月25日生まれ。千葉県松戸市出身。

高校卒業後、東北大学法学部に進学。
大学卒業後はシステムエンジニアとして働きながら、文学賞に応募。
2000年に『オーデュボンの祈り』で新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビューを果たします。
2008年には『ゴールデンスランバー』で本屋大賞を受賞。

【代表作】

  • 『重力ピエロ』新潮社(2003年)
  • 『死神の精度』文藝春秋(2008年)
  • 『ゴールデンスランバー』新潮社(2007年)
作家一覧出版・書店用語男性作家
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
アユム

「読みたい本が見つかる」をコンセプトに、洋書・和書問わず読んだ本の感想を発信中。出版社や書店員としての勤務経験をもとに、読書についての話題を豊富に扱っています。いまは英語の勉強を頑張る日々です。株式会社ミシェルベース代表取締役。本のWebマガジン「コトビー」代表。

アユムをフォローする



いま読むべき本がわかるWebマガジン コトビー