北方謙三

北方 謙三(きたかたけんぞう)」とは、日本の小説家。1947年10月26日、佐賀県唐津市に生まれる。
中央大学法学部法律学科卒業。
同大学在学中の1970年に純文学作品『明るい街へ』を発表。同作が雑誌「新潮」(1970年3月号)に掲載され、学生作家としてデビューを果たす。

その後、『逃がれの街』、『眠りなき夜』、『さらば、荒野』、『檻』などハードボイルド小説を次々とヒットさせる。
愛車はマセラッティ。

2000年より直木三十五賞の選考委員を務める。現在の直木賞の選考委員では唯一の未受賞作家である。
ほかに吉川英治文学賞、江戸川乱歩賞、小説すばる新人賞の選考委員もつとめている。

作家一覧出版・書店用語男性作家
スポンサーリンク
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
アユム

1988年、千葉県生まれ。書店と出版社を経て、ライターとして活動中。2017年より株式会社ミシェルベース代表取締役。

【読みたい本が見つかる】をコンセプトに、洋書・和書のおすすめ本をご紹介。「読書が大好きで、洋書も気になるし、英語も身につけたい」。そんな欲張りな人(自分含め)に向けて記事を書いています。

アユムをフォローする



読みたい本が見つかるWebマガジン コトビー