取次

取次(とりつぎ)」とは、出版社と書店の間をつなぐ流通業者。出版の卸売業。
出版社は取次に本を流通させ、書店は取次から本を仕入れるという委託販売制度を取り入れている。

国内の取次会社は100社あまりと推定されているが、実際のシェアは上位2社の日本出版販売(日販)トーハンで70%以上を占めている。

【国内主要取次会社】

取次の流通網ってスゴイ…静岡県の本屋で感じた物流の大切さ
先日、仕事で静岡県に行き本屋を視察してきました。 場所は伊東市。海水浴や温泉でよく知られた街で、有名な本屋というのは皆無に等しい場所です。 地方の本屋を視察してみて、「取次の流通ってやっぱりスゴイかも…」と感じる部分もあったので合わせてご紹介します。 良い意味で黄ばんでる本を置く「文泉堂書店」 正直に言って「こんな場所で本当に本が売れるの?」と一目見たときに...
帳合変更とは?あなたが知らない「出版取次」の仕事
日本では全国どこで本を買っても基本的に価格は同じです。 いまや当たり前になっている、この本の特徴も実は他の業界にはない特殊な制度や仕組みによって支えられています。 それが「取次」、「再販制度」、「委託販売制度」の3つです。 今回は「取次」と「再販制度」について、それぞれの仕組みと意味について考えてみたいと思います。 取次の主な役割とは? 出版業界は基本的に出版社・取次...
出版・書店業界用語
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
あゆむ

英語学習と読書について発信しています。銀行 → 書店員 → 出版社の仕事を経験後、フリーランスに。2017年、法人化。ビジネス書を読むことが多いです。英会話学習と洋書多読も継続中。おかげさまで、当ブログ「コトビー」は累計読者数が400万人を突破しました。

あゆむをフォローする



コトビー / KOTB