取次

取次(とりつぎ)」とは、出版社と書店の間をつなぐ流通業者。出版の卸売業。
出版社は取次に本を流通させ、書店は取次から本を仕入れるという委託販売制度を取り入れている。

国内の取次会社は100社あまりと推定されているが、実際のシェアは上位2社の日本出版販売(日販)トーハンで70%以上を占めている。

【国内主要取次会社】

取次の流通網ってスゴイ…静岡県の本屋で感じた物流の大切さ
先日、仕事で静岡県に行き本屋を視察してきました。 場所は伊東市。海水浴や温泉でよく知られた街で、有名な本屋というのは皆...
帳合変更とは?あなたが知らない「出版取次」の仕事
日本では全国どこで本を買っても基本的に価格は同じです。 いまや当たり前になっている、この本の特徴も実は他の業界にはない...
出版・書店用語 出版取次用語
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
Ayumu Yuasa

ライター。書店と出版社での仕事を経験後、本と英語のWebマガジン「コトビー」を運営。2017年より株式会社ミシェルベース代表取締役。1988年、千葉県生まれ。読書量は年間200冊ほど。ビジネス書が好きです。

Ayumu Yuasaをフォローする



本と英語のWebマガジン コトビー