「日販パートナーズ契約」とは?仕組みを解説

日販パートナーズ契約」とは、日販が本の返品率を下げ、売り上げを向上させるための施策。
版元日販に料金(報奨金)を支払い、自社の本を売り出してもらう。

書店は日販パートナーズ契約に従って本を販売し、該当する本を販売する事で出版社から報奨金を受け取ることができる。

この契約における三者のメリットについては以下の通り。

  • 【出版社】
    報奨金を支払うことで、自社の本を日販に優先的に売り出しをしてもらう事ができる。
    また、返品率が下がり、本の販売を伸ばすことができる。
  • 【日販】
  • 報奨金は基本的に全て書店に配分されるが、書店からの返品率を下げることができる。
  • 【書店】
    該当する版元の書籍を販売する事で、売り上げ金額に上乗せするかたちで報奨金を受け取ることができる。
出版・書店業界用語出版社の知識
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
あゆむ

読書&英語学習ブログ【Readgram / リードグラム】を運営。銀行 → 書店員 → 出版社 → フリーランス。2017年、法人化。本のレビューや読み方・選び方、英語勉強法について発信しています。和書だけでなく洋書にも挑戦中。おかげさまで、当ブログは累計読者数が400万人を突破しました。

あゆむをフォローする



Readgram / リードグラム