柴田錬三郎賞

柴田錬三郎賞」とは、集英社が主催する文学賞。一ツ橋綜合財団が後援する。

対象ジャンルは現代小説、時代小説を問わず幅広いジャンルである。
柴田錬三郎の功績をたたえ、1988年に創設された受賞者には正賞として記念品、副賞として300万円が贈呈される。
対象作品は前年の7月1日から翌年の6月30日までに刊行された小説。
受賞作品は雑誌「小説すばる」の12月号に掲載される。

出版・書店用語文学賞
シェアする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の情報をお届けします。
ライター
アユム

本のWebマガジン KOTB[コトビー]代表 / 株式会社ミシェルベース代表取締役。
新宿で2年間書店員として勤務したあと、ビジネス書の出版社に転職。2年間、書店営業として関東の本屋さんを担当。独立後は、コトビーで記事を書いています。

アユムをフォローする



いま読むべき本がわかるWebマガジン コトビー